日韓中 各国首脳との握手に見るトランプ大統領のご機嫌 – BLOGOS – BLOGOS

Home » 韓国 » 嫌韓 » 日韓中 各国首脳との握手に見るトランプ大統領のご機嫌 – BLOGOS – BLOGOS
嫌韓, 韓国 コメントはまだありません




【握手の仕方でご機嫌が一目瞭然(アフロ)】

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になった著名人をピックアップ。記者会見などでの表情や仕草から、その人物の深層心理を推察する「今週の顔」。今回は、各国首脳との握手シーンからトランプ大統領のご機嫌具合を読み解く。

 * * *
 米国のトランプ大統領がアジアを歴訪している。米国との関係を強化し、外交基盤を築こうとする各国だが、日本では「国賓並み」の厚遇でおもてなし。それに対して韓国の文在寅大統領は「国賓」待遇で迎え、中国習近平国家主席はその上をいく「国賓以上」の待遇で歓迎した。はたして各国の思惑通りに事は進んだのか。各国でのトランプ大統領の仕草から見てみよう。

 まずは日本。予定のゴルフ場へ到着したトランプ大統領は、待っていた安倍首相の元へ右手を差し出しながら歩み寄った。安倍首相はその場で手を差し出して握手すると、大統領が首相の二の腕を軽く叩いた。握手しながら相手の二の腕を軽く叩いたり触ったりするのは、トランプ大統領によく見られる親近感を示す仕草だ。

 就任した頃と比べると大統領の握手は、だいぶ大人しくなっている。自分の立場や権力をこれ見よがしに握手で誇示しなくても、よくなったということだろうか。

 迎賓館での歓迎式典では、レッドカーペットの上を並んで歩く安倍首相と歩調がシンクロすることが多々あった。意識せずとも歩幅や歩くペースが同調する“ミラーリング”が見られたのだ。ミラーリングとは仕草や表情などが相手と同調することをいう。互いの存在を受け入れ、相手に対して好意をもっているということだ。北朝鮮問題では見解を一致させた日米2人の首脳の関係は良好なのだろう。

 だが韓国では、日本と違う顔を見せた。大統領府での歓迎式典では、文大統領が車を降りたトランプ大統領に右手を差し出して近づいた。だが、トランプ氏は車のドアの横に立ち、メラニア夫人が反対側から降りてくるのを待ったまま。自分から手を差し出して、積極的に文大統領に歩み寄ろうとする気配が見られない。握手をした時には、トランプ大統領の左手が文大統領の肩甲骨辺りに置かれ、さらにその手が文大統領の右肩を抑えたのだ。

 実は、これと同じことが今年の2月にあった。カナダのトルドー首相をホワイトハウスで出迎えた時だ。トルドー首相は難民受け入れに対して、トランプ大統領とは反対の意を唱えた人物。トルドー首相に良い感情をもっていなかっただろうトランプ大統領は、力比べのような握手とともに彼の肩をがっちりと押さえ込んだのだ。

 北朝鮮への対応では足並みが揃わない米国と韓国。文政権の融和的路線や、中国との関係改善のために米軍の高高度防衛ミサイルTHAADの追加配備をやめるという発表など、トランプ大統領にとっておもしろいはずがない。力ずくででも言うことを聞かせる…、文大統領の肩を押さえたのは、そんな意思が透けて見えるような仕草だ。

 歓迎式典で歩く二人の足取りはバラバラ。身長差もあるが、どこかぎくしゃくして、歩くリズムも合う気配すらない。両夫妻が揃った記念撮影では、カメラに向かって作り笑いを見せたものの、トランプ大統領は文大統領の方を見もしない。それどころか、文大統領が握手しようとサッと差し出した右手をスルー。お腹の前に差し出された手に、トランプ大統領が気がつかないわけがないが、あごを上げて憮然としたまま。文大統領は一瞬、手を出したままトランプ大統領の顔を見上げたが、笑顔を引きつらせて手を引っ込めた。

 大統領府での会談後の握手も微妙だった。文大統領の安堵の表情に比べトランプ大統領の表情は冷えていた。握手をすると、すぐにその手をスッと引っ込め、瞬間的にぐっと握る。いつもなら手を開いたままゆっくりと戻すのだが、この時は違っていた。まるで嫌なものにでも触ってしまった、という感じにも見える。合同記者会見での握手は、固く握ったものの手の振りは小さく、表情は硬かった。

 晩餐会では演台正面がトランプ大統領の席。上席ではあるが、椅子をずらし、身体を捻らなければ文大統領がスピーチする方を向くことができない。その姿勢に疲れるのか、身体や視線を動かしたりと注意力は散漫に…。乾杯でも不機嫌だった。訪韓によって文大統領への印象が好転したとは思えなかった。

 さて中国では、故宮博物館を貸し切りにして、習主席がトランプ大統領を出迎えた。到着したトランプ大統領に習主席が手を差し出す。トランプ大統領は近づいてその手を軽く握ると、左手で肘の辺りをわずかに触れただけ。

 だが、ビジネス関連のイベントで28兆円の商談がまとまると、ご機嫌で習主席と握手し、その手を長いこと力強く握りしめ、ブンブンと振っていた。ところが一転、合同記者会見で習主席が北朝鮮問題では、「意見が違うのは不思議ではない」と発言をしたため内心おもしろくなかったのだろう、口はへの字に閉じられたまま。それでもビジネスの成果には満足したのか、やはり長く力強くブンブンと手を振る握手をしていた。

 トランプ大統領の機嫌の良し悪しはわかりやすい。本人もそれをうまく利用しているのだろう。ツィートもそんな大統領の感情のバロメーターの1つだが、ビジネスツールでもある。それだけに表面的には、各国がそのご機嫌取りに右往左往させられていた感が拭えない。でも、それがトランプ流のビジネスのやり方なのだとしたら、今回、各国は北朝鮮問題を盾にうまく乗せられたのかもしれない。






コメントを残す