「韓国人の海外観光エチケット」調査…まだ「足りない」(中央日報日本語版)

Home » 媒体 » 中央日報日本語版 » 「韓国人の海外観光エチケット」調査…まだ「足りない」(中央日報日本語版)
中央日報日本語版, 韓国, 韓国・北朝鮮 コメントはまだありません



韓国人の海外観光地でのエチケットが非常に足りないことが分かった。

韓国観光公社は、韓国リサーチに依頼してことし1~9月に海外旅行を行ってきた満18歳以上の男女1000人を対象に「韓国人の海外観光エチケット」を調査して13日、発表した。

この調査によると、回答者の中で17.6%だけが「エチケットが優秀だ」と答え、「エチケットが足りない」という回答は37.4%に達した。このような回答の内容に基づいて韓国人の海外旅行エチケットの水準を調べたところ、5点満点で2.75点の取得にとどまった。

海外で最も恥ずかしい韓国人の行動1位は「公共場所での騒ぎ」と19.2%を占めた。また、「風俗店の出入りと売春(14.9%)」「現地のエチケットとマナーを認知できない(13.7%)」「開発途上国で現地人に傲慢な態度を見せる(13.4%)」などが後に続いた。

その他にも、「バイキング料理、またはホテル備品を持って帰る(5.9%)」「車両搭乗など秩序を守らない行動(5.3%)」「現地人、または現地文化を卑下(5.1%)」「現地の宿舎や飲食店で特有の匂いがするキムチなど韓国料理を食べる(4.3%)」なども恥ずかしい行動に挙げられた。

【関連記事】



コメントを残す