(朝鮮日報日本語版) THAAD:中国外務省「韓流禁止令は存在しない」(朝鮮日報日本語版)

Home » 媒体 » 朝鮮日報日本語版 » (朝鮮日報日本語版) THAAD:中国外務省「韓流禁止令は存在しない」(朝鮮日報日本語版)
朝鮮日報日本語版, 韓国, 韓国・北朝鮮 コメントはまだありません



 中国外務省は13日の定例記者会見で、終末高高度防衛ミサイル(THAAD)問題での韓国への報復として中国国内で「韓流禁止令」、いわゆる「禁韓令」が出されていたことについて、「禁韓令は存在していない」という従来の立場を繰り返した。また、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の訪中日程については、可能な限り早く公表すると明らかにした。

 中国の耿爽報道官は同日の定例会見で、関連の質問に対し「中国が韓国に対して文化的な制限を加えたということは聞いたこともないため、(禁韓令を)解除するという問題も存在しない」と答えた。

 耿報道官はまた、文大統領の訪中についてはできるだけ早く公開すると約束した。

 耿報道官は「ベトナム・ダナンでのアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の期間に、習近平主席と文大統領は首脳会談を開催した。両首脳は両国間の障害を速やかに取り除き、両国関係の安定的かつ健全な発展を推進することで合意した」と説明した。

 また「このような合意精神に基づき、中国は韓国と共に各分野の交流と協力が正常な軌道に戻るよう努力する」と強調した。

 耿報道官はさらに、両国の高官級の交流が両国関係発展にプラスに作用すると付け加えた。

【関連記事】



コメントを残す