<北朝鮮内部>妊婦が大型ダンプにひかれ死亡 胎児も犠牲 情報が拡散(写真2枚)(アジアプレス・ネットワーク)

Home » 媒体 » アジアプレス・ネットワーク » <北朝鮮内部>妊婦が大型ダンプにひかれ死亡 胎児も犠牲 情報が拡散(写真2枚)(アジアプレス・ネットワーク)
アジアプレス・ネットワーク, 韓国・北朝鮮 コメントはまだありません



北朝鮮北部の両江道恵山(ヘサン)市で10月末、大型ダンプカーが妊婦をひいて死亡させる交通事故があったと、複数の取材協力者が伝えてきた。妊婦は即死だったという。

【関連写真を見る】 外国人が絶対に行 けない裏通りの女性たち  路地裏で「専業主婦」は何をしているのか?(写真4枚)

恵山市に住む複数の取材協力者の話を総合すると、事故が起こったのは10月24日頃で、被害者の女性は車両が行き交う道路を自転車で通りかかり、鉱物を運ぶ大型ダンプカーに巻き込まれ即死した模様だ。運転手は保安署(警察署)に連行され調査を受けたというが、どのような処分になったかは現時点で明らかではない。

「鉱山の六輪の大型ダンプに巻き込まれて即死したそうだ。現場は狭い道路で大型車が行き交う危険な場所。妊婦は自転車から降りずに渡ろうとしてひかれたようだ。お腹の中の赤ちゃんまで死亡させたのだから、運転手は保安署に連れて行かれた」
と取材協力者は述べた。

事故があった恵山市近郊には恵山青年銅鉱山があり、大型車両の通行量が多い。(カン・チウォン)

(参考写真)事故があった両江道の恵山市を中国側から撮影した。2010年7月 リ・ジンス(アジアプレス)

【関連記事】



コメントを残す