いよいよ2018年にローンチ! 日本版海兵隊こと“水陸機動団”配備の目的と実力は? – ニフティニュース

Home » 中国 » いよいよ2018年にローンチ! 日本版海兵隊こと“水陸機動団”配備の目的と実力は? – ニフティニュース
中国, 尖閣諸島 コメントはまだありません



11月になりメディアが一斉に報じ始めたのが【日本版海兵隊こと“水陸機動団”が来年3月に新設】。そして【2020年代前半には沖縄県米海兵隊基地キャンプ・ハンセンに、米軍と入れ替えで配備】とのこと。

報道ではよく聞く海兵隊。彼らの任務、そして日本に海兵隊を設立する目的と実力とは?

* * *

そもそも日本版海兵隊の大パイセンとなるアメリカ海兵隊とは? 米国防シンクタンクの海軍戦略アドバイザー・北村淳博士に聞いてみた。

北村 現代のアメリカ海兵隊の役割は“アメリカという国家の緊急出動部隊”です。大統領が軍隊(地上軍)を送り込むことを決定した場合(特殊作戦を除く)には海兵隊が先陣を務めるのが原則となっています。

―つまり、一番ヤバい場所へ、真っ先に行く人たち?

北村 はい。海兵隊は海洋上の各種揚陸艦から空と海を経由して陸に到達する専門的能力を身につけている軍事組織です。陸海空すべての能力があり、世界中どこへでも展開することができるのです。

―では、アメリカ海兵隊とはどんなスペックの人間が所属するのか? アメリカ海兵隊で、2度もイラクへ出兵をした経験を持つ越前谷儀仁(えちぜんや・よしひと)元伍長に聞いてみた。

越前谷 とにかく射撃と戦闘技術は並外れています。他国と比較しても射撃訓練が多く、常に実戦を想定した演習を行なうのが海兵隊です。

―海兵隊の射撃重視に関して、本誌軍事班の小峯隆生さんは?

小峯 1963年、当時のアメリカ大統領であるジョン・F・ケネディを暗殺したオズワルドは元海兵隊員の名射撃手で、彼は車で移動する大統領に、ビルの6階から2発も命中させ、海兵隊の練度の高さを証明しました。

―でも、こんな殺人マシーンをも輩出してしまう海兵隊を日本にも創設してしまう目的って何?

北村 尖閣諸島を含む南西諸島の離島防衛を目的として部隊編成がスタートしました。実はアメリカ海兵隊側としても自衛隊に水陸両用能力を持たせる働きかけを7年ほど前から開始していました。この動きに関しては、私も若干関与したので間違いありません。

―陸海空の能力をフルに備えた海兵隊は、自衛隊のどの組織が運用するんですか?

北村 陸上自衛隊が行ないます。ただ、アメリカ海兵隊はそもそも陸軍とは違います。なので、陸自主導ではおかしなことになりかねません。一番いい方策は、陸自、海自、空自から必要な人員と装備を抽出して独立した“海兵自衛隊”をつくるべきだと考えています。

★実際に水陸機動団にはどのような人員が所属するのか? 気になる装備とは? 『週刊プレイボーイ』48号(11月13日発売)にて、お読みいただけます!

(文/直井裕太 写真/柿谷哲也)






コメントを残す