忖度なし”2017年ウラ流行語大賞”11選 – livedoor

Home » 韓国 » 忖度なし”2017年ウラ流行語大賞”11選 – livedoor
韓国, 韓国 コウモリ コメントはまだありません



2017年の「新語・流行語大賞」の候補が発表された。選ばれたのは「忖度」や「ちーがーうーだーろー!」など30語。だが、「忖度」が働いたのか見逃されてしまったものも多い。そこで漫画家でコラムニストの辛酸なめ子さんに、「極私的ウラ流行語」を選んでもらった。年末だから思い出したい11語とは――。

■「新語・流行語大賞」が見逃した、人々をザワつかせた言葉11

今年も「ユーキャン新語・流行語大賞」(「現代用語の基礎知識」選)の候補が発表されました。しかし、大人の忖度が働き、入るべき言葉が入っていない印象も受けます。個人的な意見ですが、2017年の「ウラ流行語」を挙げさせていただきます。

▼「出家上等」

もはや記憶が薄れがちですが、女優・清水富美加さんの出家のニュースが今年初頭、世間を騒がせていました(5月に幸福の科学に出家)。『全部、言っちゃうね』(千眼美子名義)という 本のタイトルや、彼女が芸能界に疲れた時に発した「ペフペフ病」など、パワーワードが多かったです。

▼「ゲスきのこ」

その清水富美加さんがかつて不倫していた相手は、バンド「KANA−BOON」の飯田祐馬氏でした。飯田氏のヘアスタイルは、タレントのベッキーさんと浮気したバンド「ゲスの極み乙女」の川谷絵音氏と同じマッシュルームカット。そのため2人はまとめて「ゲスきのこ」と呼ばれたことがありました。髪型が旺盛さを表しているのでしょうか……。

▼「つなぎ融資の女王」

「つなぎ融資の女王」こと自称エリコさん(5月、出資法違反で国際手配され、うその投資話を持ちかけて金をだまし取ったとして詐欺罪に問われている山辺節子被告=62歳)も今年前半話題でした。肩だし、ショートパンツ、リボンのカチューシャが忘れられません。60代でもぶりっ子のしぐさである“あひる口”ができるという女の可能性を感じました。「自称38歳か39歳」というざっくりとしたワードも忘れられないです。30歳以上も年下のタイ人の恋人は逮捕されたあとも、「僕は君を愛している。負けないで」などとメッセージを送っていたそうです。実はリア充なのかもしれません。

▼「祈ります」

安倍昭恵首相夫人と森友学園の元理事長・籠池泰典氏(8月、国の補助金をだまし取った容疑で逮捕)の妻・諄子氏とのメールのやりとりで、何か突っ込まれると「とにかく祈っています」「私には祈ることしかできません」と「祈り」に逃げるスピリチュアルな昭恵夫人。これはいいと思い、困った要求をされた時など私も「祈ります」を使わせていただきました。

■渡辺謙、NMB48須藤凜々花、松居一代の「名言・迷言」

▼「おやすみ、チュッ、チュッ」

3月、週刊文春によって一般女性と手つなぎデートするなど不倫疑惑が報じられた世界的俳優・渡辺謙氏が浮気相手に送ったメール。「おはよー! チュッ(笑)」と朝から晩までキスを送信。二枚目キャラとのギャップにゾクゾクします。

▼「ホワイトチョコ」

こちらも不貞メールに出てきたワードです。やり投げ選手の村上幸史氏が女子大生と懇意になり、深い関係を匂わせるメールをやりとり。「ホワイトチョコ出すの早かった?」と、精液をホワイトチョコになぞらえていました。好きな人の体液はそのくらいに思えてくるものなのでしょうか……。匂いの濃度というか濃さは似ているのかもしれません。

▼「太って肥大したただの変態動物」

今年、関係が緊迫化したアメリカと北朝鮮。北朝鮮のニュースでアメリカの原子力空母カールビンソンのことを北朝鮮のメディアは「肥大した変態動物」とディスりました。北朝鮮はラップバトルで優勝できそうなくらい罵倒ワードがすごいです。韓国の朴槿恵前大統領についても、「邪悪な毒蛇、老いぼれ犬、汚いコウモリ」「全国民を食いつぶす邪鬼X」「核錯乱症に陥った老女」など、ひどすぎる言葉で表現。過酷な環境だと、罵倒センスがキレキレになるのでしょうか。戦争ではなくラップバトルで勝負してほしいです。

▼「DAMN」(くそったれ)

6月、『AKB48 49thシングル選抜総選挙』におけるNMB48・須藤凜々花の「結婚します」宣言は衝撃的でした。ファンは混乱し、先輩方の中にも怒りをあらわにした人も……。でも意に介せず、翌日「DAMN」(英語でくそったれという意味のスラング)と書かれたTシャツを着てすっきりした表情で登場した須藤凜々花に、底知れぬ大物感が漂っていました(米ラッパー歌手のプロモーション用Tシャツだったようです)。もしかしたら本当にドイツで博士号を取ってしまうかもしれない……と思わされるものがありました。著書のタイトルが『人生を危険にさらせ』というのも話題に。言霊の力はあなどれません。

▼「バイアグラ100ml男」

6月、女優・松居一代氏が突如としてユーチューブを始めました。この内容が本当に巧妙にできていて、どんなドラマよりも引きが強かったです(現在、夫で俳優の船越英一郎氏と離婚調停中)。「バイアグラ100ml男」とは、バイアグラを飲んで浮気していた夫・船越氏のこと。「恐怖のノート」「黒い膿」「家族だから告白するよ」といったワードで、リアリティドラマを盛り上げました。松居氏が居候していた先の謎のおばあちゃんが気になりましたが、殺伐とした展開の中、優しいおばあちゃんの存在にほっとしました。

■「ちーがーうーだーろー!」よりスゴい豊田元議員語録

▼「しめしめ感」

5月、税金3000万円を着服して業務上横領の疑いで逮捕された滋賀県の元職員・小島崇靖容疑者がテレビのインタビューで放った驚きのワード。テカった顔で「しめしめ感があった」「着服しやすかった」「環境が作ってしまった」などと半笑いで発言していました。「着服をしていなかったら、死んでますね。死んでます、余裕で」と意味不明なことを言って同情を買おうとしていましたが無理です。

▼「お前はどれだけ私の心を叩いてる!」

最後はこちら豊田真由子元衆議院議員です。6月、週刊新潮により男性秘書への暴言・暴行が報道されました。暴言のひとつ「ちーがーうーだーろー!」は「2017ユーキャン新語・流行語大賞」の候補にノミネートされましたが、さらにパワフルだった「このハゲ〜〜!」がノミネートされていないことに不満の声が上がっています。

個人的には相手(男性秘書)を殴りながら 「お前はどれだけ私の心を叩いてる!」という叫びがインパクトありました。豊田元議員のホットワードは他にも「物事にはねぇ、裏と表があんの!」「入口と出口があんの!」「どうしてそんなことになるのかなぁ〜♪」など、新しい音声がアップされる度に、次々と強烈なセリフが登場。秘書の方はお気の毒でしたが、瞬時にこんな言葉が出てくるなんて、さすが桜蔭出身の頭の回転だと思わされました。

以上、あくまで個人的な趣味で選んでみました。

年末にかけても、また不倫などのニュースが出てくるのでしょうか。「フライデー」にキス写真のスクープを撮られた武豊騎手も「フランス式」の挨拶だと下手な言い訳をしていましたが、これだけ不貞のニュースが多いと、大喜利のように気のきいた発言でないと許されない空気です。

何かやらかしてしまった時は、世間を味方に付けるために、キラーワードを熟考したほうが良いかもしれません。

2018年も、心に残るウラ流行語を期待しています。

*本コラムへのご意見や、取り上げてほしい身の回りの気になるヒト・モノ・コトがありましたら、下記URLにぜひお寄せください。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdKgResspYB2rqe3TXr52qJfMq9RJtgGE-wx9UIH1L4s7Hk5A/viewform

(漫画家/コラムニスト 辛酸 なめ子 イラスト=辛酸なめ子)






コメントを残す