中国の入国拒否で、ケイティ・ペリーら出演できず!中国政府にニラまれた言動とは – エキサイトニュース

Home » 中国 » 中国の入国拒否で、ケイティ・ペリーら出演できず!中国政府にニラまれた言動とは – エキサイトニュース
中国 コメントはまだありません



 ケイティ・ペリーが中国への入国拒否をされたことで、間もなく開催されるヴィクトリアズ・シークレットのショーに出演できなくなったと報じられている。

 上海で今月予定されているヴィクトリアズ・シークレットのショーのステージに立つことになっていたケイティだが、ビザ申請が棄却されたことにより、ハリー・スタイルズが代役を務めることになったと言われている。

 ニューヨーク・ポスト紙のページ・シックス欄によれば、ケイティは当初入国が許可される見込みだと告げられていた。しかし、2015年に行われた台湾の台北でのコンサートで、ケイティが反中のシンボルであったヒマワリの衣装を着用し、反発が起こった事実を中国政府が発見、事態が一転したという。

 また、そのコンサートでケイティが、長年中国と独立をかけて争いが続く台湾の国旗をまとったことでも物議に。これらのことから、中国からの反発が懸念されていた。

 情報筋の1人は状況をこう説明する。

「ケイティは当初、上海で開かれるヴィクトリアズ・シークレットのショーでパフォーマンスをするビザが許可されていました。後になって中国政府が考えを変え、ビザを取り消したのです」

「中国でステージに立とうとする全てのアーティストに対し、中国政府は中国に対して攻撃的とみなされる行為がないか、ソーシャルメディアや報道などを綿密に調べます。マルーン5は数年前、メンバーの1人がダライ・ラマに誕生日を祝うツイートをしたことが原因で入国拒否されたのです」

◆あのトップモデルもショー目前で出演取りやめに

 16日には、ショーに出演予定であったジジ・ハディッドの降板が発表された。世界一の人気モデルとも称されるジジがショーを降板したことに衝撃が広がっているが、降板理由は明らかにされていない。しかし、ネットやメディアでささやかれている原因としては、今年2月にアップされたSNSへの投稿が理由で、中国により入国が拒否されたという説が出てきている。

 問題の投稿は、ジジの妹で同じく人気モデルのベラ・ハディッドが投稿した動画で、この中でジジが仏像の形をしたクッキーを手に持ち、目を細めているというもの。この“目を細める”という仕草が人種差別的であると炎上した。

 ジジはこの騒動を受け、中国版ツイッターの「ウェイボー(微博、Weibo)」に2か国語で謝罪メッセージを投稿したものの事態はおさまらず、かえって問題が再燃したとみられている。

 アジア初開催となった今回のショーだが、大物たちが出演中止という残念な事態になってしまった。さらに、ショーのスタッフやメディアの取材スタッフの間で交わされるメールのやりとりが、中国当局に監視されているために本当のことが言えない状況になっており、各方面で懸念が広がっている。

<TEXT/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>






コメントを残す