中国の幼稚園で謎の注射や薬使用 運営企業は謝罪 – BBCニュース

Home » 中国 » 中国の幼稚園で謎の注射や薬使用 運営企業は謝罪 – BBCニュース
中国 コメントはまだありません



紅黄藍が運営する北京の朝陽区の幼稚園には当局の捜査が入ったImage copyright Reuters
Image caption 紅黄藍が運営する北京の朝陽区の幼稚園には当局の捜査が入った

中国・北京の幼稚園で、幼児たちが注射されたり薬を投薬されたりしていたことが明らかになり、同国内で怒りの声が上がっている。

幼稚園に対しては現在、当局の捜査が入っている。幼稚園を運営していたのは早期教育で知られる紅黄藍教育集団。

紅黄藍は、「酷い騒ぎ」を起こしたことを「深く謝罪する」と述べた。

北京の当局は市内のすべての幼稚園でセキュリティー・チェックを実施している。

中国では今月、上海の保育園で乳幼児が虐待されている様子を撮影した動画が拡散され、衝撃が広がっていた。

北京の富裕層が多く住む朝陽区にある紅黄藍の幼稚園で、少なくとも8人の園児が謎の薬物を注射されたとみられている。親たちは地元メディアに対し、ここ数日で子供の体に針が刺された跡に気が付いたと話し、写真をインターネット上で共有した。さらに、子供たちが昼寝の時間の前に錠剤やシロップを服用させられたと語った。

Image copyright Reuters/CCTV
Image caption 国営テレビのCCTVは保護者が撮影した子供の体の針の跡の写真を放送した
Image copyright Reuters/CCTV
Image caption ある父親は子供が白い錠剤を毎日2粒飲まされていたと語った

地元メディアは、一部の親は子供たちが裸にさせられたとして、性的虐待の疑いがあると訴えている。

23日に何人かの保護者が幼稚園の前に集まり、抗議デモを行った。参加者の何人かは地元メディアの財新に対し、教師たちが子供たちをしつけるために針を使った疑いがあると語った。

財新のウェブサイトに掲載された記事で、親の一人は「言うことを聞かない園児は裸で立たされるか、暗い部屋に閉じ込められた」と話した。

幼稚園の防犯カメラ映像が警察によって押収されたほか、教師3人が停職処分となっている。

北京市教育委員会は、市内の幼稚園で「包括的なセキュリティー・チェック」が行われていると述べた。

紅黄藍教育集団は今年9月に米ニューヨーク証券取引所に上場した。

Image copyright Reuters
Image caption 中国で最も知名度の高い教育関連企業の紅黄藍はニューヨーク証券取引所に上場している

(英語記事 Beijing nursery ‘needle abuse’ of children shocks China






コメントを残す