UPDATE 1-中国・香港株式市場・大引け=香港株反発、本土市場に安定の兆し 中国ほぼ横ばい – ロイター

Home » 中国 » UPDATE 1-中国・香港株式市場・大引け=香港株反発、本土市場に安定の兆し 中国ほぼ横ばい – ロイター
中国 コメントはまだありません



 (中国市場のリポートを追加しました) [上海 24日 ロイター] - 中国  終値 前日比 % 始値 高値 安値 上海総合指数<.SSE 3,353.82 + 1.9025 + 0.06 3,340.38 3,360.7459 3,328.3339 C> 07 42 前営業日終値 3,351.91 82 CSI300指数< 4,104.20 + 1.807 + 0.04 4,089.47 4,116.594 4,057.489 .CSI300> 3 2 前営業日終値 4,102.39 7 香港  終値 前日比 % 始値 高値 安値 ハンセン指数<.HSI 29,866.3 + 158.38 + 0.53 29,788.1 29,918.92 29,696.59 > 2 8 前営業日終値 29,707.9 4 ハンセン中国株指 11,908.1 + 171.13 + 1.46 11,803.9 11,921.07 11,748.92 数 9 3 前営業日終値 11,737.0 6 香港株式市場は反発して終了した。中国本土市場に安定の兆しが見られたことで買い
が入った。 金融株が上昇をけん引した。中国当局が打ち出したシャドーバンキング(影
の銀行)に対する規制強化は、短期的に市場の地合いを圧迫しても、中国の銀行にはプラ
スになるとの指摘が聞かれた。 ハンセン指数 終値は158.38ポイント(0.53%)高の29866.3
2。 ハンセン中国企業株指数(H株指数)終値は171.13ポイント(1.4
6%)高の11908.19。 セクター別ではエネルギーが0.2%高、情報通信(IT)は0
.73%安、金融は1.05%高、不動産は0.74%高となった。 ハンセン指数構成銘柄では平安保険が3.52%高で値上がり率トップ。
一方、自動車メーカー、吉利汽車は1.76%安と最も下げがきつかった。 前日は大幅安となった中国株式市場は、ほぼ横ばいで終了した。 一部投資家がシャドーバンキング(影の銀行)や小口金融への取り締まりを口実に利
食い売りを出した一方、規制によりシステミックリスクが抑えられるとの見方もあり、安
値拾いの買いも入った。 上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数 は、一時は下落していたものの、終値は1.807ポイント(0.04%)高
の4104.203。前日は3%近く下落し、1日の下落率としてはほぼ18カ月ぶりの
大きさだった。週間ベースでは0.4%安。 上海総合指数 終値は1.9025ポイント(0.06%)高の3353.8
207。前日は2.3%下落し、12月以来の大幅な下落となっていた。週間ベースでは
0.9%安。 金融株が上昇を主導。リスク低下などに向けた当局の取り組みが、結果的に中国の銀
行にとって良い状況をもたらすとの楽観的な見方が広がっている。 一方で、中国株式市場の上昇は長くは続かないとの見方も出ている。ある市場関係者
は「今年は優良株が非常に堅調に推移してきた。だが、業績がいかに良好でも、株価が上
昇し続けることはない」とし、年末が近づくにつれ「ファンドマネジャーには利益確定へ
の圧力が強まっている」と語った。 (ロイターデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります) 
私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」






コメントを残す