韓中 来月の首脳会談でFTA追加交渉開始を発表 – KBS WORLD Radio News

Home » 韓国 » 通貨スワップ » 韓中 来月の首脳会談でFTA追加交渉開始を発表 – KBS WORLD Radio News
通貨スワップ, 韓国 コメントはまだありません



来月中旬に北京で開かれる文在寅(ムン・ジェイン)大統領と中国の習近平国家主席との首脳会談を機に、韓中FTA=自由貿易協定の追加交渉の開始が発表されるもようです。

北京の外交消息筋が27日明らかにしました。

韓中FTAは2015年12月20日に発効しており、両国は、発効から2年以内にサービスや投資部門の追加交渉を実施することで合意していましたが、中国側がアメリカの高高度迎撃ミサイルシステム「サード」の韓国配備に反発し、消極的な姿勢を示したため、交渉は行われませんでした。

そのため、今回の交渉再開について、先月の通貨スワップ協定の延長合意に続いて、両国関係が正常な軌道に戻りつつあることを示すものとの見方が出ています。

専門家らは、サービス・投資分野についての交渉開始が、両国関係に前向きな影響を与えるという見方を示しています。

光云(クァンウン)大学国際通商学部のシム・サンリョル教授は、「サービス分野は、製造業に比べて規模は小さいが、カネとヒトが直接移動する分野であるため、意識や文化、日常生活への影響が大きい。これまで製造業が中心だった両国の経済関係がさらに拡大する新たなきっかけになるだろう」と話しています。






コメントを残す