(世界発2017)市民の富、奪う北朝鮮 「火星15」国民歓喜報道の裏(朝日新聞デジタル)

Home » 国際総合 » (世界発2017)市民の富、奪う北朝鮮 「火星15」国民歓喜報道の裏(朝日新聞デジタル)
国際総合, 朝日新聞デジタル コメントはまだありません



 新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星(ファソン)15」を発射した北朝鮮。官営メディアは国民が歓喜していると伝えるが、北朝鮮関係筋が明かす内情は大きく異なる。電力は不足し、当局は市民からの「富の収奪」に躍起。金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長を中心とする高位層にも混乱が広がっているようだ。(ソウル=牧野愛博)▼3面参照

 ■電力不足、平壌の光に明暗
 党機関紙・労働新聞(電子版)によれば、平壌の金日成(キムイルソン)広場で1日、火星15の試射を祝う軍民交歓大会があった。発射から3日目。出席した幹部は「わが国の千万年の未来を約束した民族史的な大慶事だ」と強調した。……本文:2,010文字
この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社






コメントを残す