北への制裁、中独仏など49カ国が違反 米シンクタンク調査 – CNN Japan

Home » 北朝鮮 » 北への制裁、中独仏など49カ国が違反 米シンクタンク調査 – CNN Japan
北朝鮮, 北朝鮮vs米国 コメントはまだありません



ニューデリー(CNNMoney) 米シンクタンク、科学国際安全保障研究所(ISIS)は7日までに、北朝鮮に対して実施している制裁について、中国やドイツ、フランスなど49カ国が違反していたとの調査結果を明らかにした。

米国のトランプ大統領は、ミサイル発射などを受けて、北朝鮮に対する制裁を強化しようとする姿勢を示している。しかし、ISISによれば、数十カ国が北朝鮮への制裁について違反していたという。

ISISが2014年3月から17年9月の期間について国連の発表した情報を調査したところ、程度の差はあるが、国連が科した制裁について、49カ国が違反していた。この中には北朝鮮にとっての最大の貿易相手国である中国をはじめ、ドイツやフランス、ブラジル、インドも含まれていた。

アンゴラやキューバ、モザンビーク、タンザニア、イラン、スリランカ、ミャンマー、シリアといった13カ国は朝鮮人民軍と関係を持っているという。

報告書によれば、一部のケースでは、非民主的な国々が北朝鮮による軍事訓練を受けている。そうした国々はまた、軍関連の装備を北朝鮮との間で輸出入しているという。

44カ国が北朝鮮のためのダミー会社の設立を促したり、取引が禁止されている品々や鉱物資源を輸入したりするなどしていた。

20カ国が船籍の偽装などを通じて北朝鮮による輸出入の支援に関連していた。

一方で、北朝鮮との取引を停止する国も出てきている。インドやシンガポールは今年、北朝鮮との貿易を全面的に停止する方針を明らかにした。






コメントを残す