日本文化は中国文化を「誤解」したもの、だが「素晴らしき誤解」だ=中国報道 – ニフティニュース

Home » 中国 » 日本文化は中国文化を「誤解」したもの、だが「素晴らしき誤解」だ=中国報道 – ニフティニュース
中国 コメントはまだありません



 日本には漢字や茶、和服、建築など中国の影響を受けた文化が多くあるが、そのほとんどは日本らしく変化したうえで残っている。中国メディアの捜狐は4日、こうした変化を「中国文化の誤解」と呼び、誤解したことを称賛したある講演内容を掲載した。

 そもそも、「文化の誤解」とはどういう意味だろうか。記事によれば、悪意のある曲解とは異なり、文化がその土地ならではの変化を遂げたうえで広まることだという。日本では、多くの中国文化が「誤解」されて残ってきたとした。

 例えば「和服」は、古代中国の影響を強く受けているが、日本に伝わってきてからは、優雅ながら合理的でない漢服の袖と丈を短くしてしまったと記事は紹介。中国では漢服が「淘汰」されてしまったのとは対照的だとした。

 また、日本では「漢字」も中国から入ってきたが、使いやすく変化したうえで残され、なかには中国では「忘れ去られた」漢字さえ残されていると指摘。「条件」、「影響」などの単語は日本から中国に逆輸入され、中国に利便性をもたらしたとし、筆者はこの件について「謹んでお礼申し上げます、これからもよろしく」と感謝の意を表した。

 こうした「誤解」は、ほかにも日本庭園、書道、華道など、多くの分野で見られるというが、いずれも中国の文化を継承するに際し、いつの間にか先見の明や自然を大切にする日本らしさが加えられているという。筆者は、日本にはどこを見ても日本らしさの加わった「唐や宋の痕跡」が見られることに感激してしまうと喜びを示した。

 では中国はどうだろうか。記事は、中国にも、過去にはインド、アラブ、なかにははるばるギリシャやローマから入ってきた「文化の素晴らしい誤解」をした過去があり、誤解の元祖であるとさえ言えるが、今や「本領を失い、誤解した文化は失われている」と残念がった。そのぶん、日本が「中国文化を誤解」しているのを見るとうれしくなってしまうのだという。日本では、これからも外国の文化に「素晴らしき誤解」をしながら継承していくに違いない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)






コメントを残す