(朝鮮日報日本語版) 文大統領が13日から訪中、習主席と3回目の会談へ(朝鮮日報日本語版)

Home » 媒体 » 朝鮮日報日本語版 » (朝鮮日報日本語版) 文大統領が13日から訪中、習主席と3回目の会談へ(朝鮮日報日本語版)
朝鮮日報日本語版, 韓国, 韓国・北朝鮮 コメントはまだありません



 文在寅(ムン・ジェイン)大統領が習近平・国家主席の招待を受け、今月13日から16日まで3泊4日の日程で国賓として中国を訪問することになった。韓国大統領府が6日に明らかにした。文大統領の訪中は就任以来今回が初めて。大統領府の朴洙賢(パク・スヒョン)報道官はブリーフィングで「文大統領は中国で習主席との首脳会談や国賓晩餐(ばんさん)などに臨み、また李克強・首相など中国政府幹部らとの会談も行われる予定だ」と伝えた上で「北朝鮮の核問題を平和的に解決することや韓半島(朝鮮半島)の平和定着に向けた協力、周辺情勢や国際問題など互いの関心事についても協議が行われるだろう」と説明した。

 文大統領は13日から15日まで北京に滞在し、その後は重慶を訪問する予定だ。大統領府の関係者は重慶について「臨時政府の建物などがある歴史的な場所であり、また現代自動車など韓国企業も進出している」と説明し「中国が掲げる一帯一路の出発点でもあることから、習主席に配慮するという意味合いもある」との見方を示した。現代自動車はいわゆる「THAAD(米国の高高度防衛ミサイル)報復」が厳しかった今年7月に重慶工場を完成させた。この工場では年間30万台が生産される予定で、9月から本格的に稼働している。

【関連記事】



コメントを残す