訪韓した小栗旬「空港に韓国ファンの姿なく…人気がないんだと思った」(中央日報日本語版)

Home » 媒体 » 中央日報日本語版 » 訪韓した小栗旬「空港に韓国ファンの姿なく…人気がないんだと思った」(中央日報日本語版)
中央日報日本語版, 韓国, 韓国・北朝鮮 コメントはまだありません



日本の俳優小栗旬が韓国内の人気についてウィットに富んだ受け答えで韓国の取材陣の笑いを誘った。

小栗旬は6日午後、ソウル建大(コンデ)ロッテシネマで行われた映画『銀魂』の記者懇談会で、「訪韓前に韓国ではかなり人気があるという話を聞いてきて来たが、(実際来てみて)『人気が全然ないんだ』と思った」と言って笑った。

続いて「多くのボディーガードがついてくれているが、今のところ一度も彼らが必要な感じを受けていなくて申し訳なく思う」と笑った。

福田雄一監督は「空港でファンが待っていなくて凹んだ。空港から出ながら『ごめん、ごめん』と言いながら足早に出ていく状況を想像していた」とし「ファンが追いかけてくると思ったが、特に何もなく出てくることができた」と伝えた。

一方、『銀魂』は宇宙人と共存することになった江戸幕府末期に現れた神秘な力を持つ不滅の剣「紅桜」の行方を追う銀時、新八、神楽の3人衆のドタバタの冒険物語を描いた作品で、同名のアニメを実写化した。韓国でも多くのファンがいる小栗旬が主人公銀時役を演じている。7日公開。

【関連記事】



コメントを残す