高須院長 昭和天皇独白録を22万ドル落札「愛国者なら当然」 – ニフティニュース

Home » 韓国 » 高須院長 昭和天皇独白録を22万ドル落札「愛国者なら当然」 – ニフティニュース
韓国, 韓国 捏造・歪曲 コメントはまだありません



 高須クリニックの高須克弥院長が世の中の様々な話題に提言するシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回はオークションで落札した『昭和天皇独白録』や韓国、北朝鮮問題についてお話をうかがいました。

 * * *
──ニューヨークで競売にかけられた昭和天皇独白録の原本ですが、落札おめでとうございます!

高須:昭和の素晴らしい歴史を記録する文書としては、こんなに貴重な宝はないからね。絶対に日本に帰還させたかった。この宝を落札するためだったら、どんな努力も惜しまないという決意でオークションに参加したんだから、いい結果になってよかったよ。愛国者として当然のことをしたまでだ。そして、この独白録は皇室にお渡しすることにしているんだ。宝はあるべき場所に戻るべきだからね。

──落札額はおいくらだったんですか?

高須:22万ドル。日本円で2500万円弱。手数料を入れると3000万円ちょっとかな。国を愛する気持ちをお金に換算することはできないけど、愛国者にとっては大した金額ではないよ。むしろ、とても素晴らしいお金の使い方ができてうれしいね。

 近頃、国際社会では日本の歴史が歪められるようなことも多いから、昭和天皇独白録にいま一度注目してもらうことで、正しい日本の歴史を再び知ってほしいという気持ちもあるんだ。そのためなら安いもんだ。

──アメリカ・カリフォルニア州のサンフランシスコ市が従軍慰安婦像を公共物化したという問題もあります。

高須:まさに歴史の捏造だね。韓国のロビー活動に屈するとは、サンフランシスコも、なんとまあ情けない。自治体レベルの話だから仕方ないとしても、日本とアメリカが同盟国であるはずなのに、どうしてこんなことになってしまうのか。

 しかも、いまの韓国はミサイル問題で一触即発の北朝鮮に対して、人道支援を実施する手続きに入ったと日本に伝達してきたというじゃないか。アメリカを中心に北朝鮮への圧力を高めているなかで、一体どういうつもりなんだ? 北朝鮮を応援してどうしたいの? まったく理解できない。韓国がやるべきことは、アメリカや日本と協力して、北朝鮮の心をくじくことだろう。それなのに支援だなんて、北朝鮮と共闘するつもりなんじゃないかと、あり得ない想像までしてしまうよ。国際社会の中でどう進んでいきたいのかが分からない。本当に理解に苦しむ国だ。

 百歩譲って、韓国が理解できない国だとしてもかまわない。でも、日本にだけは迷惑をかけてくれるなとは思うね。もちろん韓国の自由は認めるし、韓国の自由を侵害しようとも思わない。でも、あちらさんが日本に迷惑をかけて、利益を奪って、自由を侵害しようというのであれば、厳しく対処するのが当然だ。従軍慰安婦問題はまさにそれなんだよ。日本を貶めることに必死な韓国に対して黙っているのはあり得ない。強く抗議するのはもちろん、場合によっては経済制裁も必要だと思う。韓国が北朝鮮の支援をするなら、なおのことだよ。

──そして、北朝鮮情勢の緊張が高まるなか、日本国内では相撲の報道ばかりだとツイッターで嘆いていましたね。

高須:そう。もちろん大相撲の暴力問題も重要なニュースだとは思う。でも、下手をすれば戦争に発展しかねない状況だというのに、北朝鮮情勢を差し置いて相撲のニュースばかりというのは、疑問だね。

 国会でも野党は北朝鮮の話よりも、森友・加計問題の質問をしているもんなあ。どう考えても北朝鮮問題のほうが重要だよ。日本にミサイルが撃ち込まれるかもしれないのに、土の中のゴミの話ばかり聞いて何がしたいんだ? 野党は国民を守りたくないのか? 国民を危険にさらしたいのか?

 たまにツイッターで「モリカケ問題から国民の目を逸らすために、安倍首相が北朝鮮にミサイルを撃たせた」なんていう、とんでもない妄想陰謀論が投稿されているけど、モリカケの質問ばかりする野党のみなさんも、北朝鮮問題から国民の目を逸らしたいんじゃないのか?なんて思っちゃうよ(笑い)。本当に国のことを思っていたら、こうはならないんだけどね。ちょっと悲しいなあ。

 * * *
 愛国心が薄れつつあるような状況を嘆く高須院長。それにしても、有言実行で昭和天皇独白録を落札してしまうのはさすがです!

【プロフィール】
高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。

昭和大学医学部形成外科学客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広い。金色有功章、紺綬褒章を受章。『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子との共著)、『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)、『筋と義理を通せば人生はうまくいく』(宝島社)、『行ったり来たり 僕の札束』(小学館)など。最新刊は『ダーリンは71歳・高須帝国より愛をこめて』(小学館)。






コメントを残す