Ford社、中国に2025年までに50車種を投入、成長戦略を強化 – 日経テクノロジーオンライン

Home » 中国 » Ford社、中国に2025年までに50車種を投入、成長戦略を強化 – 日経テクノロジーオンライン
中国 コメントはまだありません



 米Ford Motor社は2017年12月5日、中国事業の拡大戦略について概要を発表した。世界最大の市場である中国において、SUV、電動車、コネクティッドカーの投入、ビジネス構造の合理化、顧客との緊密な関係構築に注力するという。

[画像のクリックで拡大表示]

 2025年までに50車種以上のFordおよびLincolnモデルを投入する。そのうち少なくとも8車種は新型SUVとなり、15車種は電動車になる予定。そのほか、衆泰汽車との合弁会社が、規制当局の承認を待って新しいブランドから手頃な価格の電気自動車(EV)を発売する。

 2019年末までに発売するFordモデルとLincolnモデルの新車は、モデムを内蔵するか、もしくは後付けデバイスを用いてコネクティッド機能を利用できるようになる。将来的に様々なモビリティーサービスを受けられるように、幅広いインフラの整備に取り組む。

 また、Ford社は2017年初めに締結した合意に基づき、百度の自動運転開発コンソーシアム「アポロ計画」に参加している(関連記事)。Ford社はロボット工学と人工知能研究を支援し、中国市場で自動運転車を普及するうえでカギとなるプラットフォームの開発に携わる。

 2019年には、EVの小型SUVや、Lincolnブランドの高級SUVなど、FordおよびLincolnモデル5車種の現地生産を開始する。現地生産により、市場投入までの時間を短縮し、現地の供給基地を十分に活用できる。また、顧客の要望にも迅速に対応でき、細部まで車両を調整できる。

 こうした積極的な成長計画を支援するため、中国のエンジニアリング能力および研究開発能力を増強する。2017年11月には南京テストセンターを開設した。テストセンターには、3kmのテストトラックや80種類の路面状態、先進的な排ガス試験施設を備える。また、アフターサービスにも力を入れ、2017年12月中に定期点検とオイルやフィルターの交換、ブレーキ修理、タイヤ交換などを行う店舗を南京と重慶にオープンする。2018年にはこれを100店まで拡大する予定だ。

 2018年には、中国で販売されるFordモデルのマーケティング、販売、サービスを統括する流通サービス部門を設立し、長安汽車および江鈴汽車との合弁パートナーとの関係を強化する。新部門は、中国のFordユーザーに対し、より快適な顧客体験を提供するように努めるとしている。






コメントを残す