中国:11月の乗用車販売、7カ月連続増-減税期限切れ前の駆け込みで – ブルームバーグ

Home » 中国 » 中国:11月の乗用車販売、7カ月連続増-減税期限切れ前の駆け込みで – ブルームバーグ
中国 コメントはまだありません



中国の11月の乗用車販売は7カ月連続の増加となった。小型車購入減税の期限切れを前に改良モデルを投入した米ゼネラル・モーターズ(GM)と中国の吉利汽車の伸びが目立った。

  全国乗用車市場情報連合会(乗連会)が8日発表したところによると、乗用車とスポーツタイプ多目的車(SUV)、多目的自動車(MPV)を合わせた11月の販売台数(小売りベース)は前年同月比3.2%増の250万台。1-11月累計では2140万台と前年同期比1.6%増えた。

  2.5ポイントの小型車減税が今年末に期限切れを迎えるため、12月の販売も押し上げられる可能性がある。各メーカーは新モデルやブランドの投入に加え、積極的な値下げを実施。オンラインの価格ウェブサイト、オートホームによると、北京では独フォルクスワーゲン(VW)の1.6リッターエンジン「ゴルフ」が現在9万4200元(約161万円)と35%の値引きとなっている。

  GMの11月の中国販売は前年同月比13%増の41万8225台。「キャデラック」と「ビュイック」ブランドがけん引した。吉利汽車の販売台数は同38%増の14万1265台だった。

原題:China November Auto Sales Rise 3.2% Before Tax-Cut Expiration(抜粋)






コメントを残す