処方箋なしで医薬品を販売容疑 不法滞在の中国人らに – 朝日新聞

Home » 中国 » 処方箋なしで医薬品を販売容疑 不法滞在の中国人らに – 朝日新聞
中国 コメントはまだありません



 医師の処方箋(せん)が必要な医薬品を不法滞在の中国人らに不正に販売したとして、警視庁は8日、医薬品卸売販売会社「セントラルメディカル」(東京都台東区)の男性社長(83)=埼玉県川口市=ら2人を医薬品医療機器法違反(処方箋医薬品の販売)の疑いで書類送検し、発表した。社長は「借金返済のためにやった」と容疑を認めている。

 生活環境課によると、2人は3~9月、処方箋を持たない中国籍の女性(34)ら2人にピロリ菌除去薬など医薬品24点を計10万5600円で販売したなどの疑いがある。女性は7月に不法滞在の疑いで逮捕され、10月に強制送還された。

 社長らは新宿・歌舞伎町のパブで知り合った女性らと中国版LINE「微信」(ウィーチャット)で売買のやりとりをしていた。同課は社長らが昨年2月以降、中国籍の客5人に処方箋が必要な医薬品30種類を含む計60種の医薬品を仕入れ値の3~5割増しで販売し、計約2800万円を売り上げていたとみている。

 高血圧治療薬など約480万円分の薬を買っていた中国籍の女性(35)は同課に対し「はじめは中国の父母へのお土産用に買い、その後は親戚に頼まれて送っていた。中国では日本の2~5倍の値段で流通している」と話したという。同課は客が主に転売目的で購入していたとみている。






コメントを残す