慰安婦合意検証問題 「韓日が接点見いだすのが最善」=TF委員長

Home » 媒体 » 聯合ニュース » 慰安婦合意検証問題 「韓日が接点見いだすのが最善」=TF委員長
聯合ニュース コメントはまだありません



【ソウル聯合ニュース】旧日本軍慰安婦問題を巡る2015年末の韓日合意について、韓国外交部が検証のため設置したTF(タスクフォース、作業部会)の委員長を務める呉泰奎(オ・テギュ)氏は7日、「(検証を進める)この過程で韓日両国が接点を見いだすことができる創意的な解決法があれば最も良い」との見解を示した。

呉泰奎TF委員長(資料写真)=(聯合ニュース)

呉泰奎TF委員長(資料写真)=(聯合ニュース)

 ソウル・韓国プレスセンターで開催された韓日関係の専門家による国際セミナーで述べた。呉氏はまた、「TFの検討報告書が出た後、政府が時期を選んで対応策を出すだろうが、報告書の結果だけでなく国内外の多様な要素を総合して結論を出すだろうと私は考えている」と話した。

 ただ、セミナーの出席についてはTF委員長としてではなく、日本との問題に関心のあるジャーナリストとして参加したと述べるなど、慎重な姿勢を見せた。呉氏はハンギョレ新聞で論説室長を務めた経歴がある。

 呉氏は「2018年は慰安婦合意に関する韓国の対応が大きい関心事になるものとみられる」とし、「日本は合意を守らなければ韓日関係が大きい困難に直面すると強調している。だが、文在寅(ムン・ジェイン)政権は国民の70%以上が合意に反対する状況を重く受け止めざるを得ない状況だ」と説明した。 

 在韓日本大使館の水嶋光一公使は発表で、2017年は韓日関係が跳躍するための助走の時期だったとした上で、文在寅政権発足後、韓日関係は全体的に良いスタートを切ったと評価した。

 水嶋氏はまた韓日両国には微妙な懸案があるのも事実だが、微妙で敏感な問題は静かに管理するのが重要だとし、このような問題を外交問題や、政治問題にしない努力が必要と述べた。

yugiri@yna.co.kr


















コメントを残す