中国外交部長「国連決議以上の対北朝鮮制裁は受け入れられず」反対表明(中央日報日本語版)

Home » 媒体 » 中央日報日本語版 » 中国外交部長「国連決議以上の対北朝鮮制裁は受け入れられず」反対表明(中央日報日本語版)
中央日報日本語版, 韓国, 韓国・北朝鮮 コメントはまだありません



王毅中国外交部長が北核問題に関連して「国連安全保障理事会(安保理)の決議に合わない要求をすれば中国は絶対受け入れることはできない」と9日、明らかにした。

また、王部長は韓中関係を言及しながら「文在寅(ムン・ジェイン)政府発足以降、高高度ミサイル防衛(THAAD)体系を追加配備せず、米国のミサイル防衛(MD)に加入せず、韓日米軍事同盟に発展しないという重要な立場を対外的に表明した」として韓国の「3不の立場」を再議論した。

王部長の発言は文大統領の訪中を目の前にしている時点に出たということから注目される。文大統領と習近平国家主席の首脳会談の最大議題に予想される対北朝鮮圧力強化方針とTHAAD問題に対する自国の立場を事前に釘をさしたかのように明らかにしたためだ。首脳会談で韓半島(朝鮮半島)関連懸案をめぐる溝を埋めることが用意ではないということを予告する部分だ。王部長の発言は9日、北京で開かれた「国際形勢と中国外交シンポジウム」の開幕演説で行った。

王部長は「現在の韓半島(朝鮮半島)情勢が武力示威と対抗の悪循環に深く陥っており、見通しが楽観できない」としつつも「まだ希望は消えておらず、交渉の可能性も残っている」と話した。彼は「中国は軍事オプションを決して受け入れないだろう」とし「先に(緊張された)情勢を緩和して韓半島を『対決のブラックホール』から取り出し、対話と交渉に向けた必要条件と雰囲気を作らなければならない」と強調した。軍事オプションに反対して対話・交渉による解決を試みるのは韓中両国の見解が一致する部分だ。だが、具体的な方針に入れば立場の違いが目立つ。

王部長は中国の役割に関して「中国が他の国に比べてより多くの努力をし、より大きな代価を払った」とし「誰であれ安保理決議に合わない要求をしたり、決議以外の措置、さらに一方的な行動に出たりすれば中国は絶対に賛成できず、受け入れることはできない」と話した。彼は「安保理の団結を害するだけではなく、他の国の正当な権益を傷つけるだろう」と理由を説明した。

王部長のこのような発言は対北朝鮮海上封鎖と原油輸出統制など国際社会が中国に求めている対北朝鮮圧力強化に対する反対の立場を明らかにしたと分析される。

代わりに、王部長は「各国は中国が提起した双中断(北朝鮮による核・ミサイル挑発と韓米合同軍事演習の同時中断)を真剣に検討しなければならない」と話した。

【関連記事】



コメントを残す