元NBAロッドマン氏、来年バスケ米-北朝鮮戦計画 – 日刊スポーツ

Home » 北朝鮮 » 元NBAロッドマン氏、来年バスケ米-北朝鮮戦計画 – 日刊スポーツ
北朝鮮, 北朝鮮vs米国 コメントはまだありません




デニス・ロッドマン氏(2013年10月25日撮影)

デニス・ロッドマン氏(2013年10月25日撮影)

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と親交のある米プロバスケットボールNBAの元スター選手、デニス・ロッドマン氏は12日、米朝両国の緊張を緩和するため、米領グアムと北朝鮮のバスケットチームの試合を来年2月ごろに開く方向で準備を進めていると明らかにした。北京で共同通信などに語った。

 北京での開催を計画し、グアムと中国側からは前向きな反応があったという。北朝鮮側も参加を決めれば「(緊張緩和に向け)大きな一歩となる」と述べた。

 ロッドマン氏は「スポーツは米国と北朝鮮が意思疎通する良い方法だ」と強調。金氏について「戦争は望んでいない。(国を)開きたがっている」との見方を示した。

 ロッドマン氏は北京からの訪朝も検討したが、北朝鮮渡航を禁じる米政府の許可が得られず断念。親交のあるトランプ米大統領が米朝の橋渡し役として自身に接触するのは「時間の問題だ」と期待を示した。北朝鮮から特に招待は受けていないが「常に歓迎すると言われている」という。

 北朝鮮は今年8月、米軍の要衝であるグアム沖への弾道ミサイル発射計画の検討を表明。グアムへの日本人観光客が一時減少した。

 ロッドマン氏は2013年以降、5回訪朝し、金氏と3回面会した。直近の6月の訪朝時は、金氏と会えなかった。(共同)






コメントを残す