若き哲学者、國分功一郎さん「ストレスも煙と共に吐き切ることで楽になる」 – ZAKZAK

Home » 韓国 » 息を吐くように嘘を吐く » 若き哲学者、國分功一郎さん「ストレスも煙と共に吐き切ることで楽になる」 – ZAKZAK
息を吐くように嘘を吐く, 韓国 コメントはまだありません





★ゲスト 高崎経済大学准教授・國分功一郎(上)

 作家で大学教授の島田雅彦さん。好奇心のアンテナは常に広角に張り巡らされている。そんな島田レーダーが強く反応した人物を招いての“一服対談”。今日から3日間は、「暇と退屈の倫理学」をテーマに現代社会を浮き彫りにする若き哲学者、國分功一郎さんに登場いただく。

 島田 國分さんはたばこは?

 國分 本数は少ないけれど吸います。「吸う」と言いましたが、私にとっては「吐く」もの。煙をフーッと吐き切るのが気持ちいいんです。

 島田 喫煙は呼吸を意識しますよね。人ってけっこうため息をつくけれど、そのカムフラージュにもなる。周りを煙に巻くというか(笑)。

 國分 ため息をつきたくなる自分の気分も煙に巻けます(笑)。

 島田 ため息は、誰でも大体1時間に20回ぐらいつくそうなんですが、何のためにつくのかというと、人の身体は肺胞(気管支が枝分かれした先にある空気の入った袋)が潰れてしぼむと深呼吸で元に戻そうとするんですが、ため息を混ぜると戻りやすいんだそうです。

 國分 身体がため息を要求するんですね。私が趣味でやっている空手にも、ハァーッと息を吐き切る呼吸法がありますが、身体や精神を鍛えるには息は吸うより吐く方が大事なんだといわれます。

 島田 体調が悪いと呼吸が浅くなると言うけれど、それも息を吐き切っていないからですよね。




zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう




コメントを残す