粛清・洗脳…2018年、金正恩政権の行方 – 産経ニュース

Home » 北朝鮮 » 粛清・洗脳…2018年、金正恩政権の行方 – 産経ニュース
北朝鮮, 金正男暗殺 コメントはまだありません



 北朝鮮体制は1990年代に200万人以上が餓死したともいわれる経済難に直面しても大規模な反乱は伝えられず、崩壊しなかった。そこには、徹底した統制社会と、苦境の中、住民の自助努力で発達した独特の経済があった。金正恩政権が核・ミサイル開発を加速させ、国際社会がこれまで以上に厳しい制裁を科す中、体制は2018年も維持していけるのか。(時吉達也、ソウル 桜井紀雄)

Q1 反乱の可能性は?

 金正恩朝鮮労働党委員長の祖父、金日成主席の時代から中国や旧ソ連派の粛清を重ね、反乱の芽を摘んできたのが金体制だ。金委員長も叔父の張成沢(チャン・ソンテク)氏を処刑し、異母兄の金正男氏を暗殺したとされる。軍部隊も「反乱を起こせる勢力」と見なし、幹部を頻繁に入れ替え、骨抜きにしてきた。

 住民は、忠誠心の高い核心階層など3階層51区分に身分を分け、相互監視によって統制。義務教育で金一家の礼賛と米国への敵愾心を植え付けてきた。慶応大の礒崎敦仁准教授は「(大量の餓死者が出た)1990年代も体制は揺るがなかった。国民が不満をためることと、不満をネットワーク化させて爆発させるのは次元が違う」と指摘する。

続きを読む






コメントを残す