<北朝鮮内部>制裁の影響か? 燃料価 格急騰など物価上昇、対中国元レートも悪化(アジアプレス・ネットワーク)

Home » 媒体 » アジアプレス・ネットワーク » <北朝鮮内部>制裁の影響か? 燃料価 格急騰など物価上昇、対中国元レートも悪化(アジアプレス・ネットワーク)
アジアプレス・ネットワーク, 韓国・北朝鮮 コメントはまだありません



アジアプレスでは、北朝鮮国内の取材パートナーに依頼して、12月29日に北部の咸鏡北道の都市部と両江道の計3地点で市場の物価調査を行った。

【関連写真を見る】 外国人が絶対に入れない平壌の市場の様子(10枚)

前回12月21日にの調査と比べ、ガソリンが約23%、軽油は約34%の急騰したのが目立った。「燃料価格が今後上がるという噂が流れている」と調査者たちはコメント。

各物価の上昇の原因が経済制裁の影響によるものなのか、情報が不足していてはっきりしないが、これまで安定していた対中国元の実勢交換レートが5%強下落したことから、輸出減少による外貨不足が現れ始めた可能性がある。(石丸次郎)

※12月29日の基本物価は次の通り。価格は1キロ当たりの朝鮮ウォン。

ガソリン
20,800ウォン
(約276.8円)

軽油
10,400ウォン
(約138.4円)

北朝鮮産米
4,900ウォン
(約65.2円)

トウモロコシ
2,100ウォン
(約27.94円)

中国1元
1,300ウォン
(約17.3円)






コメントを残す