(幸せのかたち@世界:6)家族・夢、そして「小さな家」と 若い世代、ゆとりを追求 米国(朝日新聞デジタル)

Home » 国際総合 » (幸せのかたち@世界:6)家族・夢、そして「小さな家」と 若い世代、ゆとりを追求 米国(朝日新聞デジタル)
国際総合, 朝日新聞デジタル コメントはまだありません



1/7(日) 16:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 多くの米国人にとって、「成功」の象徴は今も家の大きさにある。仲良くなると、地元の豪邸見学ツアーに連れ出されることもあるようなお国柄だ。
 米国で新築された戸建ての平均的な広さは、2016年で245平方メートル。1976年の158平方メートルと比べても一段と広くなった。
 でも、そんな典型的な「アメリカンドリーム」に疑問を抱く人もいる。
     *
 ノースカロライナ州フラットロック。人気都市アシュビルから車で40分の町には、「小さな家」ばかり80世帯が暮らす地区がある。
 ソーシャルワーカーのクレイトン・パークスさん(32)の家は居間と寝室で約41平方メートル。……本文:1,670文字
この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社






コメントを残す