上海浦東空港、セルフ出入国審査の自動ゲートを増設 通過の所要時間10秒 – AFPBB News

Home » 韓国 » 上海浦東空港、セルフ出入国審査の自動ゲートを増設 通過の所要時間10秒 – AFPBB News
韓国, 韓国 コウモリ コメントはまだありません



【1月6日 CNS】中国・上海浦東空港(Shanghai Pudong International Airport)第2ターミナルの出国ロビーで、利用者が搭乗券とパスポートを機械にかざし、指紋認証をして顔写真を撮る。10秒程度の所要時間で、利用者は「セルフ出入国審査」の自動ゲートを通過していった。

 上海出入境辺防検査総站(Shanghai General Station of Immigration Inspection)は1日から、浦東空港の出入国検査場に自動ゲートを21か所増設した。これにより、上海虹橋空港(Shanghai Hongqiao International Airport)と合わせ、上海の空港全体で設置されている自動ゲートは、113か所になった。(c)CNS/JCM/AFPBB News

※この記事は、CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳したものです。CNSは1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社です。






コメントを残す