Brilliance Autoが「一帯一路」に沿ってルノーと提携し、国際市場をうかがう – 共同通信PRワイヤー (プレスリリース)

Home » 中国 » 一帯一路 » Brilliance Autoが「一帯一路」に沿ってルノーと提携し、国際市場をうかがう – 共同通信PRワイヤー (プレスリリース)
一帯一路, 中国 コメントはまだありません



Brilliance Autoが「一帯一路」に沿ってルノーと提携し、国際市場をうかがう

AsiaNet 71831 (0083)

【瀋陽(中国)2018年1月11日新華社=共同通信JBN】中国のBrilliance Auto Groupはこのほど、Jinbei、ルノー、Huasongの3ブランドの下で小型商用車(LCV)を製造する合弁会社Renault Brilliance Jinbei Automotive Co., Ltd.を設立するため、ルノーグループ(Renault Group)と協定を締結した。2022年までに年間15万台の販売を目指す。

Brilliance Auto Groupが成功裏にルノーグループと提携し、新しい形の協力を確立するのに要した期間はわずかに1年だった。それは中国の自動車産業の新時代において初めて同じ合弁会社が海外と国内のブランドの両方の車両を設計、生産するというもので、商用車の開発で世界クラスのプラットフォームになる。

Brilliance Auto Groupのチー・ユミン会長は、過去においてそのような合弁会社は海外のブランドを運営していたもので、中国側は自社ブランドの開発支援のためにその利益を充てるしかなかった。今回、合弁会社を通じ、この3ブランド、すなわち中国のJinbeiとHuasong、フランスのルノーは協調して進むことができる。これは中国の独自ブランドの迅速な開発を促進するものでもある。

Brillianceとルノーの間の協力はそれぞれの分野における両社の先端技術と経験を結集し、両社は製品と技術を合弁事業に提供するということも言及しておくべきだろう。Brillianceは、ルノーが導入するプラットフォーム、技術、先端的管理コンセプトを完全に活用し、独自の変革、向上を実現することができる。この結果、Brillianceが何年にもわたって参入してきた海外市場での同社プレゼンスに大きな重みが加わるだろう。

Brillianceは海外市場への進出計画を打ち出した中国の自動車メーカーの最初のグループの1つと認識されている。Brillianceの海外流通ネットワークは現在までに、アフリカ、中南米、アジア太平洋の100以上の国と地域を網羅し、ディーラーの総数は約400に達した。一帯一路構想が健全に実施される中、Brillianceはさらに持続可能な戦略を策定し、将来は独自ブランドの海外市場を切り開こうとしている。

ソース:Brilliance Auto Group

画像添付へのリンク:http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=304523

Brilliance Auto Joins Hands with Renault to Explore International Market Along “Belt and Road”

PR71831

SHENYANG, China, Jan. 11, 2018 /Xinhua=KYODO JBN/–

China’s Brilliance Auto Group recently entered a deal with the Renault Group to
set up the Renault Brilliance Jinbei Automotive Co., Ltd., a joint venture to
manufacture light commercial vehicles (LCVs) under the three brands of Jinbei,
Renault and Huasong, with an aim to sell 150,000 such vehicles a year by 2022.

It took Brilliance Auto Group only one year to successfully partner with the
Renault Group and establish a new mode of cooperation: for the first time in
the new era of Chinese automobile industry, the same joint venture will design
and produce vehicles of both foreign brands and domestic brands, which will be
a world-class platform for developing commercial vehicles.

Brilliance Auto Group Chairman Qi Yumin said that in the past, such a joint
venture used to operate a foreign brand and the Chinese side could only use the
profits to support the development of its own brand. Now, through the joint
venture, the three brands, namely China’s Jinbei and Huasong, as well as
France’s Renault, can advance side by side, which is conducive to a rapid
development of China’s own brands.

It is worth mentioning that the cooperation between Brilliance and Renault will
bring together advanced technologies and experiences from both sides in their
respective fields and the two companies will both contribute products and
technologies to the joint business. Brilliance can take full advantage of the
platforms, technologies and advanced management concepts introduced by Renault,
and realize its own transformation and upgrading. This will add a heavy weight
to Brilliance’s presence in overseas markets which it has tapped into for many
years.

It is understood that Brilliance is among the first batch of Chinese car-makers
which adopted a plan to march into overseas markets. Up to now, Brilliance’s
overseas distribution network has covered more than 100 countries and regions
in Africa, Central and South America and Asia Pacific, and the total number of
its dealerships reached nearly 400. With the sound implementation of the Belt
and Road Initiative, Brilliance aims to design a more sustainable strategy to
open up overseas markets for its own brands in the future.

Source: Brilliance Auto Group

Image Attachments Links:
http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=304523






コメントを残す