中国の新規人民元建て融資、12月は予想大幅に下回る – ロイター

Home » 中国 » シャドーバンキング » 中国の新規人民元建て融資、12月は予想大幅に下回る – ロイター
シャドーバンキング, 中国 コメントはまだありません



[北京 12日 ロイター] – 中国人民銀行(中央銀行)は12日、12月の新規人民元建て融資は 5844億元(902億8000万ドル)と発表した。アナリスト予想の1兆元、11月の1兆1200億元を大幅に下回った。

12月のマネーサプライM2伸び率は前年比8.2%で、こちらも予想の9.1%に届かなかった。

12月末時点の人民元建て融資残高は前年比12.7%増で、前月の13.1%増から鈍化。

2017年の新規融資は過去最高の13兆5300億元で、2016年の12兆6500億元を上回った。

12月の社会融資総量は1兆1400億元(1761億5000万ドル)で、11月の1兆6000億元から減少した。

2017年末時点では前年比12%増の174兆6400億元(26兆9700億ドル)。

社会融資総量は、新規株式公開(IPO)や信託会社からの融資、債券売却など通常の銀行貸出システム外のオフバランス融資を含み、シャドーバンキングの動きを示す目安とされている。






コメントを残す