中国受注のインドネシア高速鉄道、工事進まず、大統領が検証を指示―中国メディア

Home » 媒体 » レコードチャイナ  » 中国受注のインドネシア高速鉄道、工事進まず、大統領が検証を指示―中国メディア
レコードチャイナ  コメントはまだありません



2018年1月11日、中国メディアの観察者網によると、中国が受注したインドネシアのジャカルタと西ジャワ州バンドンの約140キロを結ぶ高速鉄道の建設工事が進んでいないことを受け、ジョコ大統領はルフット調整相(海事担当)やリニ・スマルノ国営企業相らに計画の進捗について検証・評価するよう指示したという。

10日付のジャカルタ・ポスト紙によると、ルフット調整相は9日、「この停滞は資金問題が原因ではない。このプロジェクトの主要な投資者である中国は、両国政府が署名した合意にまだコミットしている」とし「問題はわれわれ自身にある」と主張。ジョコ大統領の指示を受けて行われる検証・評価は1カ月以内に完了する見込みだと述べた。

計画ではジャカルタとバンドン間の約140キロを約45分で結ぶ。起工式はジョコ大統領らが出席して2016年1月21日に行われたが、土地の収用問題の遅れなどで建設工事は進んでいない。

記事によると、日本メディアは11日、ジョコ政権が高速鉄道の建設計画の見直しに入ったと伝えた。当初案ではジャカルタとバンドン間だった路線を延伸し、ジャカルタ郊外の国際空港などを結ぶことで収益性を高める考えだ。延伸案はジャカルタ西郊にあるスカルノ・ハッタ国際空港を起点とし、バンドン郊外に建設中の国際空港を終点とするもので、総延長は200キロメートル超になる見通し。政権幹部によると、計画を見直しても「建設・運営は従来のスキーム(方式)通りに行う」といい、新たな入札などは行わない方針。今後1〜2カ月程度で見直し案の内容を詰めるという。現在の事業費は約60億ドル(約6800億円)とされるが、延伸すれば土地収用も含めた事業費の大幅な増加は避けられず、1兆円規模にふくらむ可能性もある。中国側から追加の資金を引き出せるのかも不透明だという。(翻訳・編集/柳川)






コメントを残す