仁川空港第2ターミナルのオープン行事 文大統領ら千人が出席(聯合ニュース)

Home » 媒体 » 聯合ニュース » 仁川空港第2ターミナルのオープン行事 文大統領ら千人が出席(聯合ニュース)
聯合ニュース, 韓国, 韓国・北朝鮮 コメントはまだありません



【仁川聯合ニュース】韓国国土交通部と仁川国際空港公社は12日午後、仁川国際空港第2旅客ターミナルのグランドオープンイベントを開催し、18日から運営が始まる新ターミナルを一般客に初公開した。

 「世界を開く、人をつなぐ」をテーマに開かれた今回のイベントには、文在寅(ムン・ジェイン)大統領、金賢美(キム・ヒョンミ)国土交通部長官、国会交通委員会の趙正シク(チョ・ジョンシク)委員長、鄭日永(チョン・イルヨン)仁川空港公社社長、仁川空港名誉広報大使を務める2010年バンクーバー冬季五輪フィギュアスケート女子金メダリストのキム・ヨナさんと俳優のソン・ジュンギさんなど約1000人が出席した。

 鄭社長は、「仁川空港はこれから(年間)1億人が利用するスマートリーディング空港として飛翔する」と述べるとともに、同空港で働く非正規職全員が正規職に転換されたことに言及しながら「新たな雇用を創出し、夢と希望が実現される仁川空港になる」と抱負を語った。

 第2ターミナルはチェックイン、保安検査、税関検査、検疫、搭乗など出入国のためのあらゆる手続きが第1ターミナルとは別に行われる、独立したターミナルだ。

 18日早朝、フィリピン・マニラを出発する大韓航空便の到着を皮切りに本格的な運営を開始する。同ターミナルから最初に出発する航空便は、同日午前7時55分発マニラ行きの大韓航空便だ。

 これに先立つ13日に空港鉄道と高速鉄道(KTX)が第2ターミナルへの乗り入れを開始する。ソウル駅から空港鉄道の直通列車を利用した場合、第2ターミナルまでは51分で到着する。

 また、15日からは一般・リムジンバスも運行される。1日の運行便数は2658本で、これまでより101本増える。

【関連記事】



コメントを残す