在韓邦人が分析。韓国大統領「日本と真の友になりたい」の本気度 – まぐまぐニュース!

Home » 韓国 » 慰安婦 » 在韓邦人が分析。韓国大統領「日本と真の友になりたい」の本気度 – まぐまぐニュース!
慰安婦, 韓国 コメントはまだありません



慰安婦問題の日韓合意について「破棄するのでは」と見られていた韓国の文在寅大統領ですが、先日の会見で「日本と真の友になりたい」との驚くべき発言をし、韓国国内でも大きな話題となっています。無料メルマガ『キムチパワー』の韓国在住日本人著者は、この大統領の「覚悟」とも受け取れる発言を評価するとともに、極東アジアの団結を視野に入れた今後の活躍に期待を寄せています。

日本と真の友になりたい

1月10日、新年の記者会見で文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、枝葉末節を省略すると「日本と真の友になりたい」と語った。これには筆者、はからずも落涙してしまった。9日の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官の発表をうけて、韓国内では現在、侃侃諤諤の状況だ。合意は間違っていると言いながらなんで再交渉しないのか、とか、なんで合意破棄をやらないのかと。

「韓国挺身隊問題対策協議会」(挺対協)や「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶財団」などの支援団体は「日本政府の自発的措置にだけ期待するというのは道理に合わない」との見解を発表。さらに挺対協は「2015年の韓日合意が問題の解決でないことを韓国政府の公式見解として宣言したのは歓迎する」としながらも、「外交的な問題を理由に日本政府の法的責任は問わないまま、韓国政府ができる措置しか取らないという姿勢は受け入れられない」と韓国政府の発表を強く批判している。

こういう風の中にあって、「両国間で公式に合意した事実は否定できない」との見解を示し(日本の皆さんからすればこれは当然ということだけれども)、今後の対日関係に関しては、「韓国と日本は文化的・歴史的に多くの部分を共有している」、「日本と心が通じ合う真の友になることを望む」と語ったのだ。こういう発言は、韓国の中では大統領であろうと誰であろうとなかなかできないのである。




印刷する



コメントを残す