尖閣諸島沖の警戒監視に万全の方針 中国に前向き対応要請 – NHK

Home » 中国 » 尖閣諸島沖の警戒監視に万全の方針 中国に前向き対応要請 – NHK
中国, 尖閣諸島 コメントはまだありません



政府は、沖縄県の尖閣諸島沖の接続水域を中国海軍と見られる潜水艦などが航行したことを受けて、今後も同じような事案の発生が予想されるとして、警戒監視に万全を期す方針です。一方で政府は、中国に対し、先の首脳会談を踏まえ、関係改善の流れを確かなものにするよう前向きな対応を求めていくことにしています。

11日、沖縄県の尖閣諸島周辺の接続水域で、浮上しないまま航行する外国の潜水艦が初めて確認されました。

防衛省は、同時に同じ海域を中国海軍のフリゲート艦が航行していたことなどから、潜水艦は中国海軍の所属と見て分析を進めるとともに、今後も同じような事案が発生することも予想されるとして、警戒監視に万全を期す方針です。

菅官房長官は11日、緊張を一方的に高める行為だとして、深刻な懸念を表明したうえで、「中国側が日中関係改善の流れを阻害することのないよう強く求めていきたい」と述べたほか、外務省の杉山事務次官も、中国の程永華駐日大使を外務省に呼び、抗議するとともに、日中関係改善の流れを阻害しないよう強く求めました。

政府内では、中国側の意図は不明なものの、改善の流れにある日中関係全体に影響を及ぼすものではないという見方が出ています。

政府は、中国に対し、先に行われた安倍総理大臣と習近平国家主席との首脳会談で、さらに関係改善を進めることで一致したことを踏まえ、日中韓3か国の首脳会議の早期実現なども視野に、関係改善の流れを確かなものにするよう、前向きな対応を求めていくことにしています。






コメントを残す