平昌で五輪初の南北単一チームを推進(ハンギョレ新聞)

Home » 媒体 » ハンギョレ新聞 » 平昌で五輪初の南北単一チームを推進(ハンギョレ新聞)
ハンギョレ新聞, 韓国, 韓国・北朝鮮 コメントはまだありません



女子アイスホッケーで北朝鮮から3~8人合流し単一チームを構成 IOC、20日に南北IOC委員長や平昌五輪組織委員長含めた会議を招集 単一チームに向けた協議が実際の目的

 トーマス・バッハ国際オリンピック委員会(IOC)委員長が20日(現地時間)、スイスのローザンヌで南北のオリンピック委員会委員長や2018平昌(ピョンチャン)五輪組織委員長を含む会議を招集したのは、平昌五輪への北朝鮮の参加と南北同時入場に向けた協議だけでなく、究極的には南北単一チームを構成するためという報道が出た。

 五輪ニュース専門メディアの「インサイダーゲームス」は10日、「バッハ委員長の4者会議の招集は、南北女子アイスホッケーの単一チーム(の構成)に向けたものと見られる」とし、9日に提出された南北双方の共同提案の内容を分析した。また、「以前にも、卓球と青少年サッカー大会で南北単一チームが構成されたことがある。北朝鮮の女子アイスホッケー選手が韓国チームに合流する場合、人数は3~8人になるだろう」とし、具体的な数字も提示した。同メディアは「女子アイスホッケーの単一チームの他にも共同入場や選手団の構成、ユニフォーム、団旗などの問題が話し合われる見込み」と報じた。

 開催国として2018平昌五輪出場資格を得た韓国女子アイスホッケーチーム(世界22位)は8チームのうち、B組(韓国、日本、スイス、スウェーデン)に属している。当初、世界レベルを大きく下回っているものの、チョン・モンウォン大韓アイスホッケー協会会長が私財を投じるなど、大々的な投資で、アイスホッケー男子は五輪に自力で出場できるほどの実力を備えており、女子代表チームも強豪国との訓練を通じて急成長した。

 もし、単一チームが構成されれば、2月14日に開かれる日本との組別リーグ最後の試合には大きな関心が集まるものとみられる。また、女子アイスホッケーで単一チームが構成された場合、北朝鮮選手団の規模はさらに大きくなる。

キム・チャングム記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr )

【関連記事】



コメントを残す