平昌五輪期間厳戒、安倍首相とトランプ大統領は開会式欠席 半島周辺に世界最強の原子力空母「カール・ビンソン」派遣へ – ZAKZAK

Home » 韓国 » 平昌五輪期間厳戒、安倍首相とトランプ大統領は開会式欠席 半島周辺に世界最強の原子力空母「カール・ビンソン」派遣へ – ZAKZAK
韓国, 韓国 犯罪 コメントはまだありません






 韓国・平昌(ピョンチャン)冬季五輪の開会式に、安倍晋三首相と、ドナルド・トランプ米大統領が欠席することが分かった。背景には「従北・反日」姿勢を露骨にし、慰安婦問題の日韓合意を反故にしようとする文在寅(ムン・ジェイン)政権への根強い不信感があるとみられる。トランプ政権の年明け以降の宥和的発信も、朝鮮半島有事を見据えた「情報操作(Information Control)」と分析する声もある。現に、米軍は五輪期間中、世界最強の原子力空母「カール・ビンソン」を中心とする打撃群を朝鮮半島周辺に派遣する。  

 「南北間の対話が行われている間は、いかなる軍事的行動もない」「適切な時期と状況で北朝鮮が望むなら、対話の窓は開かれている」

 韓国大統領府によると、トランプ氏は10日夜、文氏との電話首脳会談で、前日行われた南北閣僚級会談の内容について説明を受けた後、こう語ったという。

 両首脳は、南北対話が北朝鮮の五輪参加にとどまらず、「核・ミサイル開発」の完全放棄に向けた米朝間の対話につながる可能性があるとの認識で一致した。対北制裁や確固とした立場を堅持しながら、対話の状況について緊密に協議することも決めた。

 トランプ氏は昨年1月の大統領就任以来、「北朝鮮は核で世界を威嚇するだけでなく、他国で暗殺を含む国際テロを繰り返し支援してきた」「犯罪国家を孤立させる」「われわれには、平壌(ピョンヤン)の脅威に対抗する『強固な軍事オプション』がある」などと強硬姿勢を貫いてきた。




zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう




コメントを残す