接続水域に入った潜水艦 中国所属と確認 政府が中国側に抗議 – NHK

Home » 中国 » 接続水域に入った潜水艦 中国所属と確認 政府が中国側に抗議 – NHK
中国 コメントはまだありません



11日、沖縄県の尖閣諸島沖の接続水域に入った潜水艦が、12日午後になって、東シナ海の公海上に浮上し、中国国旗を掲げたことがわかりました。これを受けて政府は、潜水艦が中国海軍のものだったと確認できたとして、改めて中国側に抗議しました。

11日、沖縄県の尖閣諸島周辺の接続水域で、浮上しないまま航行する外国の潜水艦が初めて確認され、同時に同じ海域を中国海軍のフリゲート艦が航行していたことなどから、防衛省は、潜水艦は中国海軍の所属と見て分析を進め、追尾も続けました。

そして、潜水艦は12日午後になって東シナ海の公海上に浮上し、中国国旗を掲げたということです。潜水艦は、追尾していた海上自衛隊の護衛艦の呼びかけには応じず、中国方面に向けて航行していったということです。

政府は、潜水艦が中国海軍のものだったと確認できたとして、外務省の杉山事務次官が、中国の程永華駐日大使に対し「中国による新たな形での一方的な現状変更であり、事態をエスカレートさせるものだ」として、厳重に抗議するとともに、再発防止を強く求めました。

また小野寺防衛大臣は記者団に対し、「中国が尖閣諸島に関する独自の主張を行ってきた中で、今回、中国の潜水艦が、初めて尖閣諸島の接続水域を航行し、さらにフリゲート艦も同時に航行したことは、緊張を一方的に高める行為であり、深刻に懸念している」と述べました。
そのうえで、中国との間で協議が続いている偶発的な衝突を避けるための「連絡メカニズム」について、「あくまでもこの問題と協議は別だが、信頼関係が前提であり、中国側が、その努力をすることは重要だ」と述べました。






コメントを残す