河野外相、カナダで韓国外交長官と会談…慰安婦問題を協議か(中央日報日本語版)

Home » 媒体 » 中央日報日本語版 » 河野外相、カナダで韓国外交長官と会談…慰安婦問題を協議か(中央日報日本語版)
中央日報日本語版, 韓国, 韓国・北朝鮮 コメントはまだありません



日本の河野太郎外相が今月16日、カナダ・バンクーバーで開かれる北朝鮮問題を話し合う「バンクーバーグループ」外相会合で、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官と会談する場が「当然ある」と述べたと朝日新聞が12日、報じた。

同紙によると、河野外相は11日に出演したBS11の番組でこのように明らかにした。バンクーバーグループ会合は、韓国戦争(朝鮮戦争)に参戦して北朝鮮と戦ったか国連軍を助けた国が招待対象で、日本・インド・スウェーデンも参加する予定だ。

これに先立ち、韓国外交部の魯圭悳(ノ・ギュドク)報道官は11日の定例ブリーフィングで、16日から開かれる同会合で韓日外相による二国間会談か会合が開かれる可能性があると述べた。魯報道官は「バンクーバー会議のような多国間会合を契機に多様な二者接触があるのは外交的慣例」と付け加えた。

康長官は9日、「日本側の拠出金10億円は韓国政府の予算で充当する」とし「処理方法は日本側と協議する」と明らかにしたことがある。したがって、今回の韓日外相会談が開かれる場合、日本が拠出した10億円の背景に関する説明もあるものとみられる。日本メディアは韓国がこの資金で慰安婦関連歴史記念館や追悼碑の建設などを検討していると報じた。 

【関連記事】



コメントを残す