韓国人に仏像盗まれた島・対馬 増える交流、胸の内は – 朝日新聞

Home » 韓国 » 韓国人窃盗団による対馬仏像盗難事件 » 韓国人に仏像盗まれた島・対馬 増える交流、胸の内は – 朝日新聞
韓国人窃盗団による対馬仏像盗難事件 コメントはまだありません



 白波の立つ海の向こうにビル街がかすんで見えた。「ほら、あそこ」「あれが釜山(プサン)」。どよめく声は韓国語だ。

 長崎県対馬市。人口約3万1千人の島に昨年、韓国から30万人以上が訪れた。10年前の5倍超。韓国第2の都市・釜山から約50キロ、船なら最短1時間10分。釜山と結ぶ航路が2000年に定期化し、観光客が増えた。日帰りも多く、7万ウォン(約7千円)ほどからツアーに参加できる。この年末年始も、多い日には約200~440人乗りの7便が入港した。駐車場に観光バスが並び、団体客を待ち構える。

 山林が約9割を占め、繁華街やテーマパークがあるわけではない。

 「そこが良いんだよ」。昨年末、ソウルから来た50代の男性は3度目の対馬。島中部の烏帽子岳(えぼしだけ)山頂近くからリアス式の海岸を見下ろし、趣味の一眼レフカメラのシャッターを盛んに切った。20代の女子学生は「気軽に外国文化が楽しめる」と、地元のひじきやイカを使った「対馬バーガー」をカフェで注文した。SNSの情報を手がかりに名所や店の行き先を決めるという。

 昨年3月、全国チェーンの14階建てホテルがオープンした。「オソオシプシオ(いらっしゃいませ)」などとハングルの看板を掲げる飲食店や土産物店も増えた。スーパーでは、韓国で2~3倍の値段になるというチョコやゼリーが山積みされ、次々と手が伸びる。

 日本語ができなくても、店員にスマホで買いたい品の画像を見せ、翻訳アプリでやりとりする。一家4人で初めて来た40代女性に買い物袋の中を見せてもらうと、カップ麺やカレーのルー、化粧品、胃腸薬、湿布薬……。「安いので、3カ月に1回くらい来てもいい」

 島北部の比田勝(ひたかつ)で…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら






コメントを残す