北朝鮮圧力最大化で一致 日エストニア首相会談 – 産経ニュース

Home » 中国 » 北朝鮮圧力最大化で一致 日エストニア首相会談 – 産経ニュース
中国, 尖閣諸島 コメントはまだありません



 安倍晋三首相は12日午後(日本時間13日未明)、エストニアの首都タリンでラタス首相との会談後、共同記者発表に臨み、北朝鮮問題に関し「核武装を認めず、圧力を最大限に高めることが必要との認識で一致したのは大変有意義だ」と述べた。

 日本人拉致問題をめぐっては「早期解決の重要性について認識を共有できた」と強調した。ラタス氏は「われわれは傍観者であってはならない。国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議をきちんと履行しなければならない」と応じた。

 安倍首相は、中国潜水艦が沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域を潜りながら航行した事案を念頭に「法の支配に基づく国際秩序が挑戦を受ける中、緊密に協力することが必要との認識を共有した」と述べた。IT先進国であるエストニアに関しては「多くの日本企業が注目している。貿易投資環境をさらに促進する」と意欲を示した。(共同)






コメントを残す