米国防長官が今春訪中 対北朝鮮で習氏と会談へ – 東京新聞

Home » 北朝鮮 » 米国防長官が今春訪中 対北朝鮮で習氏と会談へ – 東京新聞
北朝鮮, 北朝鮮vs米国 コメントはまだありません



マティス長官=ロイター・共同

写真

 【ワシントン=共同】マティス米国防長官は今春、就任後初めて中国を訪問する。国防総省のホワイト報道官が十二日までに共同通信との単独会見で明らかにした。北京で習近平(しゅうきんぺい)国家主席や国防相と会談し、北朝鮮の核・ミサイル問題や米中両軍の交流拡大を話し合う見通しだ。米国防長官の訪中は二〇一四年四月のヘーゲル氏以来、約四年ぶりとなる。

 マティス氏は平昌五輪後に朝鮮半島情勢が再び緊迫化する恐れがあることを踏まえ、北朝鮮問題の平和的解決に向けた協力を要請する考え。半島有事を想定した米中両軍の対応や、不測の事態を回避するための両国間の信頼醸成が議題になる可能性もある。

 ホワイト氏は「中国は北朝鮮に影響力をもっと行使してほしい」と述べ、朝鮮半島非核化へ一層の行動を促した。トランプ政権は昨年十二月公表の国家安全保障戦略で中国を「競争相手」と位置付けた。マティス氏は対中強硬色を強める米政権の立場を説明し、東シナ海や南シナ海で行動を活発化させる中国への懸念も伝えるとみられる。

この記事を印刷する






コメントを残す