韓国が輸入するキムチはほぼ100%中国産、「キムチ宗主国の地位危うい」の声上がる―中国メディア

Home » 媒体 » レコードチャイナ  » 韓国が輸入するキムチはほぼ100%中国産、「キムチ宗主国の地位危うい」の声上がる―中国メディア
レコードチャイナ  コメントはまだありません



2018年1月17日、環球網は、韓国が輸入するキムチのほぼ100%を中国産が占めたことについて、韓国メディアから「『キムチ宗主国』の地位危うい」との声が上がったと報じた。

韓国関税庁がこの日発表したデータによると、2017年のキムチ輸出入の貿易赤字は同庁が統計を取り始めた2000年以降、最大となる4728万5000ドル(約52億6000万円)で、前年に比べ11%拡大した。輸入量は27万5600トンと輸出の約10倍に達し、その99%は中国産。17年は輸出入量の差も過去最大という。

記事によると、韓国・亜洲経済は「2000年のキムチ輸出入は7864万5000ドル(約87億6000万円)の黒字となったが、価格の安い中国産キムチが大量に流れ込み06年は赤字に転じた。09年に中国産キムチの輸入は激減したものの、その後再び増加。赤字がさらに拡大した」と報道。記事はまた、韓国農水産食品流通公社(aT)の最近の報告として、韓国国内の飲食店で中国産キムチが広く提供されていることが輸入拡大につながったこと、韓国産キムチの輸出価格(16年)がキロ当り3.36ドル(約370円)であるのに対し、輸入はわずか0.5ドル(約60円)ということを伝えた。韓国産キムチの輸出低迷は、最大の輸出先である日本の消費量減少などが主な原因という。(翻訳・編集/野谷)






コメントを残す