中国語だけの車体広告は恥ずかしい?!カナダのSNSで話題に―中国メディア

Home » 媒体 » レコードチャイナ  » 中国語だけの車体広告は恥ずかしい?!カナダのSNSで話題に―中国メディア
レコードチャイナ  コメントはまだありません



2018年1月18日、環球網によると、カナダのSNS上で1台のバスがネットユーザーの注目を浴びた。中国語だけの車体広告を問題視した投稿者が「関心を寄せてほしい」と呼び掛けたのだ。

記事によると、この情報を報じたのはバンクーバー国際空港のあるリッチモンド市の地元メディア。高速道路を走るバスの車体広告が中国語一色だったことに投稿者の女性は「本当に恥ずべきこと。法律でこういう非常識なことはやめさせるべきだが、私一人では無理。プロに手伝ってほしい」と話し、他のネットユーザーからは「他の人を排除する典型的な例」などと同調する声が寄せられた。ただ、この一方で、「もし中国語が分からないなら、この広告はあなたに対するものではないということ。中国語を勉強して視野を広げてみるのも良いのでは?」というコメントもあったそうだ。

この件についてバス運行会社側は「われわれに英語表記を加える権利はない。公用語の使用を強制する法律もない」とコメントし、広告を出した企業は「華人以外の顧客もいるため中国語だけの広告を出すつもりはなかったが、スペース上の問題で先に中国語の広告を出すことにした」と説明。カナダでのこの出来事を知った中国のあるネットユーザーは「外国人のハートってこんなにもろいの?」「中国では外国語だけの広告をよく目にするけど市民が反感を持ったなんて見たことがない。これが度量の大きさというもの」というコメントを寄せている。(翻訳・編集/野谷)






コメントを残す