日本僑報社、話題の最新刊『「一帯一路」詳説』が、アマゾンのベストセラー2位と3位に連続ランキング – ValuePress! (プレスリリース)

Home » 中国 » 一帯一路 » 日本僑報社、話題の最新刊『「一帯一路」詳説』が、アマゾンのベストセラー2位と3位に連続ランキング – ValuePress! (プレスリリース)
一帯一路, 中国 コメントはまだありません



【日本僑報社発】日本僑報社の話題の最新刊『習近平主席が提唱する新しい経済圏構想「一帯一路」詳説』が2月4日から連続数回、オンライン通販・アマゾンジャパンの「売れ筋ランキング」の第2位と第3位(「中国」カテゴリー)にランクされていたことが9日、わかった。

日本僑報社、話題の最新刊『「一帯一路」詳説』アマゾンのベストセラー2位と3位に

【日本僑報社発】日本僑報社の話題の最新刊『習近平主席が提唱する新しい経済圏構想「一帯一路」詳説』が2月4日から連続数回、オンライン通販・アマゾンジャパンの「売れ筋ランキング」の第2位と第3位(「中国」カテゴリー)にランクされていたことが9日、わかった。

昨年5月、アジアとヨーロッパをつなぐ巨大な経済圏構想「一帯一路」をテーマにした初めての国際会議「一帯一路国際協力サミットフォーラム」が北京で開催され、「構想の実現が地域や世界の経済発展につながる」と強調した中国の習近平国家主席の演説が、世界の注目を集めた。

本書は話題の「一帯一路」について、中国人民大学国際関係学部教授で欧州連合(EU)研究センター主任などを務める国際関係学者、王義ウェイ(ワン・イーウェイ、ウェイは木へんに危)教授が、初めて国際関係の角度から多角的に解き明かしたもの。

王氏は「一帯一路」に期待されるチャンスと予想されるリスクについて、それぞれ事実に基づき客観的かつ公正に分析。

その上で、構想の実現に関して「政策・道路・貿易・金融・民心」が通じる「五通」をもって、各国・地域が政治や経済、文化の違いを乗り越え「利益・運命・責任の共同体」を築き上げようと主張する。

中国シンクタンクの研究員も務める、国際関係学の権威による「一帯一路」論。中国主導の巨大経済圏構想の過去・現在・未来を知る上で欠かせない一冊だ。

この秋開かれた5年に一度の「中国共産党大会」に合わせて発売され、中国を知るためのタイムリーな出版と好評を博している。

【内容紹介】

昨年5月に「一帯一路」サミットが北京で開催され、29カ国の首脳と130カ国以上の政府代表団が参加した。日本からは自民党の二階俊博幹事長や経団連の榊原定征会長らが出席した。

「一帯一路」とは具体的に何であるか?

本書は中国の習近平国家主席が提唱する新しい経済圏構想「一帯一路」について、その趣旨から、もたらされるチャンスとリスク、さらには実現に向けた方法まで多角的に解説している。これからの日本及び中国と世界経済の動きを捉える上で重要な1冊である。

■『「一帯一路」詳説―習近平主席が提唱する新しい経済圏構想』

著者 中国人民大学教授 王義ウェイ(ワン・イーウェイ、ウェイは木へんに危)

訳者 日中翻訳学院 川村明美

出版 日本僑報社

判型 四六判 288頁 (並製本)

定価 3600円+税

ISBN 978-4-86185-231-2 9784861852312

注文先 http://duan.jp/item/231.html

【著者紹介】王義ウェイ(ワン・イーウェイ、ウェイは木へんに危)

1971年生まれ。現在、中国人民大学国際関係学部教授、同大学国際事務研究所所長、重陽金融研究所シニアフェロー。このほか多くのシンクタンクに籍を置く。「一帯一路」研究の第一人者として、著書や論文を多数発表。本書は著者初の邦訳本である。

【訳者紹介】川村明美(かわむらあけみ) 日中翻訳学院

横浜市出身。早稲田大学第一文学部美術史学科卒業後、記者として新聞社に10年以上勤務。北京の首都経済貿易大学に留学も。現在はフリーの翻訳者として活動中。

弊社ではこれまでに、習近平政権の政策などに関する書籍を以下の通り、刊行しています。こちらも併せてご高覧いただけましたら幸いです。

(1)『習近平政権の新理念―人民を中心とする発展ビジョン』

http://duan.jp/item/233.html

(2)『「一帯一路」詳説 習近平主席が提唱する新しい経済圏構想』

http://duan.jp/item/231.html

(3)『中国集団指導体制の「核心」と「七つのメカニズム」』

http://duan.jp/item/245.html






コメントを残す