<平昌五輪>「フィギュア王子」羽生「けがは治るんだろうかと考えたこともあった」(中央日報日本語版)

Home » 媒体 » 中央日報日本語版 » <平昌五輪>「フィギュア王子」羽生「けがは治るんだろうかと考えたこともあった」(中央日報日本語版)
中央日報日本語版, 韓国, 韓国・北朝鮮 コメントはまだありません



日本のスターフィギュア選手、羽生結弦(23)がけがで苦しんだ3カ月について打ち明けた。

羽生は13日、江原道(カンウォンド)の江陵(カンヌン)アイスアリーナで開かれた記者会見で「足首は治るんだろうかと考えたこともあった」とし「でも、実際にこうやって滑れている。夢に描いていた舞台で、夢に描いた演技をしたい」と強い意気込みを語った。ソチオリンピック(五輪)フィギュア男子シングル金メダリストの羽生は平昌(ピョンチャン)五輪で男子フィギュア史上66年ぶりとなる2大会連続金メダルを狙う。

しかしその道は平坦ではなかった。昨年11月初め、GPシリーズ第4戦の公式練習で4回転ルッツに挑んだところ転倒して右足首と膝を負傷した。羽生はこの大会も欠場し、GPファイナル出場権も得られなかった。その後、カナダ・トロントでリハビリトレーニングに努めた。平昌五輪のチームイベント出場も断念し、11日に一足遅く江陵(カンヌン)入りした。

羽生は「けがをしてから3カ月間、本当に試合を見るだけで、スケートを滑ることができない日々が長くて、きつい時期を過ごした」とし「だが、こうして無事に五輪の会場で、メインのリンクで滑れることができてうれしい」と話した。また「気を緩めつもりはなく、集中してできることを一つずつやっていきたい」と王者の風格を漂わせた。

羽生はリハビリ中はイメージトレーニングに努めた。3回転を3週間前から、4回転は2週~2週半ほど前から飛び始めた。ブライアン・オーサー・コーチによると、羽生はけがの原因となった4回転ルッツを除く、ループ、サルコウ、トーループなど3種類の4回転ジャンプを練習している。

プログラム構成はまだ決まっていない。羽生は「たくさんの選択肢がある。クリーンに滑れば絶対に勝てるという自信がある。クリーンに滑るプログラムを何にしていくかは徐々に調子を上げる中で決めたい」と語った。

羽生の参加で平昌五輪の興行にも青信号が灯った。羽生は今大会最高のスターの1人に挙げられる。体の線は細く、優しい顔立ちの羽生は少女漫画からそのまま抜け出してきたかのようなルックスで日本はもちろん、韓国や中国にも熱心なファンが多いためだ。

昨年2月の平昌五輪テストイベントとして、江陵で開かれた4大陸選手権大会当時、羽生を見るために日本や中国から数百人のファンが詰めかけた。五輪に出場する羽生を見るために昨年早いうちから江陵に宿舎を予約するファンもいたほどだ。

【関連記事】



コメントを残す