核爆弾の直撃を受ければシェルターもトランプを守れない – Newsweekjapan

Home » 北朝鮮 » 核爆弾の直撃を受ければシェルターもトランプを守れない – Newsweekjapan
北朝鮮, 北朝鮮vs米国 コメントはまだありません



<トランプには、アメリカ大統領用の各地シェルターのほか、私有のシェルターも複数ある。それでも生き延びられるとは限らない>

ホワイトハウスからフロリダの別荘マールアラーゴまで、ドナルド・トランプ米大統領にはいつでも飛びこめる核シェルターがたくさんある。だがいかに頑丈に作られたシェルターでも、核ミサイルの直撃を受けたら生き残れない。

「核爆弾の爆風と熱風から身を守る術などない」と、核シェルターについての著書があるケネス・ローズはBBCに語った。

北朝鮮は、アメリカの明白な脅威になりつつある。北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は昨年11月のミサイル実験の後、ワシントンを含む本土アメリカのどこにでも届く大陸間弾道弾ミサイル(ICBM)が完成したと宣言した。

アメリカではグーグルで「核攻撃を生き残るには」という検索ワードが急上昇した。だが、少なからぬ専門家は、核攻撃から生き残るのは、世界のどこにいても難しいと言う。

生存に望みをかけた避難計画

核シェルターが頼りにならないとしても、米政府当局はトランプと少数の重要閣僚らの避難計画を作っている。第一撃を生き延びられた場合に安全な場所から国家を式するためだ。

「指揮系統が乱れたら、完全なカオスになる」と、トゥルーマン大統領図書館のランディ・ソーウェルはBBCに語った。

ホワイトハウスの地下などにある政府のシェルターのほか、トランプは自前のシェルターもいくつか持っている。マールアラーゴの別荘やニューヨーク州ウィンチェスターのセブン・スプリングスの邸宅など歴史的な建物を購入したときに付いていたものだ。トランプが所有するウエスト・パームビーチのゴルフコースにも、ここがまだ米政府所有の土地だった1940年代に作られたシェルターがある。

トルーマンは1950年代、大統領府に連邦民間防衛本部を作り、核戦争は必ずしもこの世の終わりとは限らないと国民を安心させようとした。






コメントを残す