ハウス被害1500件超 2月の大雪 農作物にも – 日本農業新聞

Home » 韓国 » ハウス被害1500件超 2月の大雪 農作物にも – 日本農業新聞
韓国, 韓国クオリティ コメントはまだありません



 今月4日からの大雪で、農水省は14日、同日午後3時現在、農業用ハウスの倒壊などの被害が1508件に上ることを明らかにした。昨年からの雪による一連の被害件数の5割以上を占めており、記録的な大雪で、急激に被害が膨らんでいる状況だ。

 4日以降の大雪による被害はその他、野菜や果樹など農作物などで22ヘクタールに上る他、畜舎などでも9件の被害が出ている。一部の県では依然調査中で、さらに被害が広がる可能性がある。

 4日以降の雪も含め、昨年からの雪による被害状況は、農業用ハウスなどは北陸や北海道など20都道府県で2786件、農作物などの被害は253ヘクタール、畜舎などは25件、果樹の枝折れなど樹体の被害は33ヘクタールに上った。

 被害額では農業全体で9億5000万円に上るが、4日以降の雪による被害額は集計中。

 4日以降の大雪によって、北陸で水稲の育苗ハウス、北海道でピーマンをはじめとする園芸作物のハウスなどで被害が広がっている。

 






コメントを残す