台湾から4人出場 蔡英文総統が選手への応援呼び掛け=平昌冬季五輪(中央社フォーカス台湾)

Home » 中国・台湾 » 台湾から4人出場 蔡英文総統が選手への応援呼び掛け=平昌冬季五輪(中央社フォーカス台湾)
中国・台湾, 中央社フォーカス台湾, 台湾 コメントはまだありません



(台北 15日 中央社)韓国で開催されている平昌冬季五輪に台湾選手4人が出場している。蔡英文総統は14日、自身のフェイスブックで、「冬季五輪の種目は台湾ではポピュラーな競技とはいえないが、選手の闘志では負けていない」とつづった上で、「全力を尽くし、最後まで戦い抜くのがスポーツマンシップであり、台湾精神」と激励し、台湾チームへの応援を呼び掛けた。

台湾代表はリュージュ男子の連徳安選手のほか、スピードスケート女子の黄郁テイ選手、スピードスケート男子の宋青陽選手と戴イ麟選手。4選手の出場は近年では2002年のソルトレークシティ五輪に次ぐ多さとなった。(テイ=女へんに亭、イ=王へんに韋)

14日までの台湾代表の成績は、10、11日に行われたリュージュ男子1人乗りに出場した連選手が38位。4回戦には進めなかったものの、3回戦までの合計タイムは2分34秒138で自己ベストを更新した。13日には戴選手がスピードスケート男子1500メートルに出場し、1分50秒63で34位だった。黄選手は12日のスピードスケート女子1500メートルでは最後のカーブで転倒し、2分18秒84の26位。14日の同1000メートルは1分16秒44のタイムで20位となり、今大会に出場した台湾選手の中で現時点での最高成績を収めた。

黄選手は18日のスピードスケート女子500メートルに、宋選手は19日のスピードスケート男子500メートルに出場する。

(候姿瑩/編集:塚越西穂)

【関連記事】



コメントを残す