文大統領「大家好」…中国テレビで新年のあいさつ(中央日報日本語版)

Home » 媒体 » 中央日報日本語版 » 文大統領「大家好」…中国テレビで新年のあいさつ(中央日報日本語版)
中央日報日本語版, 韓国, 韓国・北朝鮮 コメントはまだありません



文在寅(ムン・ジェイン)大統領が15日、中国中央放送(CCTV)を通じて中国人に新年のあいさつをした。

文大統領はこの日、CCTVの朝のニュース番組「朝聞天下」で放送された新年のあいさつ映像で「大家好(みなさんこんにちは)」と中国語で話した後、「中国と韓国は長期にわたり文化と伝統を共にしてきたので似ています。一緒にしなければいけないことも本当に多いと思います」と述べた。

続いて「いま平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)が開催中であり、中国選手の善戦に喜んでいることでしょう」とし「2022年の北京冬季五輪も成功すると信じています。多くの韓国国民も訪れて力になるはずです」と話した。

CCTVは1958年に開局した中国の国営放送で中国内の平均視聴率が33-35%にのぼる。この日の文大統領のあいさつ映像は「朝聞天下」をはじめ追加で数回放送される。

青瓦台(チョンワデ、大統領府)関係者は「韓国と同じく旧正月を迎える中国国民に新年のあいさつを伝え、友好的な韓中関係を想起させるために出演を決めた」と伝えた。

この日のあいさつ映像はCCTVの要請を受けて制作された。文大統領のほか、マクロン仏大統領、メルケル独首相、ラスムセン・デンマーク首相、グテーレス国連事務総長、ラガルドIMF(国際通貨基金)専務理事、バッハIOC委員長、ナザルバエフ・カザフスタン大統領らが映像メッセージを送った。

以下は文大統領のあいさつの全文。

「大家好! 中国国民に韓国国民が送る温かい新年のあいさつを伝えます。家族と餃子を食べながら春節を思う存分楽しんでいることでしょう。子どもたちは紅包(お年玉)もたくさん受けましたか。韓国の国民もトックを食べ、お年玉を渡します。中国と韓国は長期にわたり文化と伝統を共にしてきたので似ています。一緒にしなければいけないことも本当に多いと思います。私は北京と重慶で中国の国民から受けた友誼を大切にしています。韓国の国民も中国と心を交わして友情を深めようとしています。いま平昌冬季五輪が開催中です。中国選手の善戦に喜んでいることでしょう。2022年北京冬季五輪も成功すると信じています。多くの韓国国民も訪れて力になるはずです。中国国民のみなさん、今年一年、幸せに、健康に過ごしてください。ありがとうございます」

【関連記事】



コメントを残す