日本の「竹島は日本の領土」教科書挑発に韓国外交部「容認不可、断固対応」(中央日報日本語版)

Home » 媒体 » 中央日報日本語版 » 日本の「竹島は日本の領土」教科書挑発に韓国外交部「容認不可、断固対応」(中央日報日本語版)
中央日報日本語版, 韓国, 韓国・北朝鮮 コメントはまだありません



日本政府が高校の教科書に独島(ドクト、日本名・竹島)を自国の領土だと主張する内容を入れる案を公表したことを受け、韓国外交部が遺憾を表明し、是正を要求した。

韓国外交部は14日、報道官の声明を通じて「日本政府が14日に公開した高校学習指導要領改訂案に我々の固有の領土である独島に対する不当な主張を繰り返したことに深い遺憾を表す」と述べた。

続いて「日本政府は今回公表された高校学習指導要領改訂案が日本の未来の世代である青少年に誤った領土観念を植え付け、両国の未来志向的な関係発展にも否定的な影響を及ぼすという点をはっきりと認識しなければいけない」と指摘した。さらに「(我々)政府は歴史的、地理的、国際法的に明白なわが国固有の領土である独島に対するいかなる挑発も決して容認せず、断固対応していくことを明確にする」と強調した。

これに先立ち日本文部科学省はこの日、高校で日本の独島領有権教育を義務づける内容の「高校学習指導要領改訂案」を公表した。高校の「歴史総合」「地理総合」「公共科目」で「竹島と尖閣諸島はわが国固有の領土」と教えるようにした。

2009年に改訂された従来の高校学習指導要領では各学校で領土教育をするようにしたが、独島や尖閣諸島(中国名・釣魚島)を明示していなかった。

【関連記事】



コメントを残す