日米首脳が電話協議 対北朝鮮、圧力継続で一致 – 日本経済新聞

Home » 北朝鮮 » 日米首脳が電話協議 対北朝鮮、圧力継続で一致 – 日本経済新聞
北朝鮮, 北朝鮮vs米国 コメントはまだありません



トランプ米大統領との電話協議を終え、記者の質問に答える安倍首相(14日夜、首相公邸)

トランプ米大統領との電話協議を終え、記者の質問に答える安倍首相(14日夜、首相公邸)

 安倍晋三首相は14日夜、トランプ米大統領と電話で協議した。核・ミサイル開発を続ける北朝鮮について「北朝鮮側から対話を求めてくるよう最大限の圧力をかけ続けていく」との認識で一致。「日米の同盟関係は決して揺るがない」と確認した。北朝鮮の非核化をどう実現していくかについて意見交換した。

 協議後、首相が記者団に明らかにした。首相は平昌冬季五輪を受けて北朝鮮との対話に急ぐ韓国を念頭に「対話のための対話では意味がない」と指摘。「日本も米国も完全かつ検証可能、そして不可逆的な非核化を前提としない限り、意味ある対話はできないと考えている」と語った。






コメントを残す